日立パワーシステムズアメリカがカナダのソリオスエンバイロメント社と脱硫技術に関するライセンス契約を締結

JCN Newswire / 2012年3月29日 10時39分

Tokyo, Mar 29, 2012 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長:中西 宏明/以下、日立)のグループ会社である日立パワーシステムズアメリカ社(Hitachi Power Systems America, Ltd.、社長兼CEO:Henry Bartoli(ヘンリー・バルトリ)/以下、HPSA)は、このたび、カナダのソリオスエンバイロメント社(Solios Environnement Inc.、社長:Bernard Cloutier(バーナード・クラウティア))と、硫黄酸化物(SOx)などを低コスト、かつ効率的に除去できる高性能半乾式脱硫技術(ENHANCED ALL-DRY SCRUBBER TECHNOLOGY/以下、EAD脱硫技術)の設計および供給に関するライセンス契約を締結しました。

EAD脱硫技術は、1980年代にソリオスエンバイロメント社によって開発された独自の半乾式脱硫技術で、これまで産業分野で幅広く導入されており、石炭火力発電などで発生した排ガスからSO2(二酸化硫黄)、SO3(三酸化硫黄)、HCl(塩化水素)、水銀、粒子状物質を効率的に除去できます。本技術は、脱硫剤の加湿工程と脱硫工程を分離した垂直吸収塔を採用しているため、シンプルでコンパクトな脱硫システム構成を実現するほか、低コストでかつ発電所のシステムレイアウトにも柔軟に対応できます。さらに、脱硫工程で排水が発生しないため、高価な排水処理設備の省略も可能となります。

本技術を導入することで、石炭火力発電所の大気汚染物質の排出抑制の実現に重要な役割を果たすことが期待されています。日立は、EAD脱硫技術や2011年9月にバルケデュール社とライセンス契約を締結した集塵技術などにより、米国環境保護庁(EPA:Environmental Protection Agency)による環境規制であるMACT*1ならびにCSAPR*2への電力事業者の対応に貢献していきます。

ソリオスエンバイロメント社の社長であるバーナード・クラウティアは、次のように述べています。
「今回、日立と契約できたことを大変嬉しく思っています。EAD脱硫技術は、過去20年間、産業用ボイラー業界を含めて、さまざまな業界で高い実績があります。今回の契約は、今後、EAD脱硫技術の発展や、さらなる発電市場への応用、事業展開を推進するものであると思います。」

HPSAの社長兼CEOであるヘンリー・バルトリは、次のように述べています。
「今回のライセンス契約により、日立の環境装置およびサービスのラインナップは、さらに付加価値の高いものとなります。本技術を活用することにより、発電施設の発電から環境装置まで、最適なトータルシステムを提供することができます。」

*1 Mercury and Air Toxics Rule:水銀、粒状物質に関する排出規制
*2 Cross-State Air Pollution Rule:NOx、SOxに関する排出規制

日立パワーシステムズアメリカ社について

日立パワーシステムズアメリカ(HPSA)は、日立アメリカ(Hitachi America, Ltd.)の子会社で、北米市場における、火力、原子力、水力発電向けの設備やサービスを提供するリーディングカンパニーであり、 新設および既設プラント向けに、微粉炭焚きボイラー、排熱回収ボイラー、蒸気タービン、ガスタービン、水力タービン、発電機、変電設備、排ガス処理システム等を提供しています。HPSAは、北米の石炭火力発電所の排ガス浄化(脱硫・水銀除去・脱硝等)の中心的役割を担っています。また、提供サービスには、プラントの運営や評価、技術研究、発電効率の最適化、排ガス処理、設備の交換やアップグレード等が含まれます。HPSAに関する詳細はWebサイトをご覧ください。 www.hitachipowersystems.us

日立アメリカ社について

日立アメリカ(Hitachi America, Ltd.)は、ニューヨーク州タリータウンに本拠地を置く日立の子会社で、そのグループ会社は、エレクトロニクス、電力・産業関連設備・サービス、自動車関連製品、コンシューマー向け製品等をアメリカ大陸全土に事業展開しています。日立アメリカに関する詳細は、Webサイトをご覧ください。また、米国にあるその他の日立グループ各社の情報は、日立の米国ポータルサイトをご覧ください。

ソリオスエンバイロメント社について

ソリオスエンバイロメント社は、アルミニウムとミネラル業界を中心とした、世界的な排ガス処理システムのサプライヤーです。ソリオスエンバイロメント社は、独自の半乾式脱硫技術を用いた酸性ガスや水銀排出削減に関する豊富な経験を有しています。ソリオスエンバイロメント社は、1982年よりカナダ/モントリオールに本社を置く、フランスのファイブスソリオスの子会社です。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2012/03/0329.html

株式会社 日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。



Source: 株式会社 日立製作所Copyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング