OKI、平成24年度入社式 川崎秀一社長挨拶(抜粋)

JCN Newswire / 2012年4月2日 13時30分

Tokyo, Apr 2, 2012 - (JCN Newswire) - OKIの川崎秀一社長は本日、平成24年度入社式にて挨拶を行いました。抜粋は以下のとおりです。

新入社員の皆さん、入社おめでとうございます。

2011年度は、大きく外部環境が変化した一年であったと言えます。3月11日に発生した東日本大震災をはじめとして、サプライチェーンの寸断、夏の電力不足、更にはタイの大洪水といった自然災害とそれに伴う影響、欧州経済の悪化や猛烈な円高といった、グローバル経済環境の変化などがあげられます。このような状況の中、OKIグループとしては、創業130周年を迎え、中期経営計画の初年度という大事な一年でした。その大事な一年を、総じて言えば「良いスタート」を切ることが出来たと思っています。

創業者の沖牙太郎が国産初の電話機を製造し、日本の電話や通信の創成期を支えたことがOKIの始まりです。創業者の「新しい技術で新しい事業を興す」、「世の中を便利にしたい」という強い意志は「進取の精神」という言葉に引き継がれ、企業理念となっています。私は130年を迎え、中期経営計画の初年度である昨年を第二の創業期と考えて、ゼロからのスタートを切る年と位置づけました。ここに入社される皆様とは、中期経営計画の二年目をともにスタートし、一緒にこの計画を達成する気持ちです。

昨年度は「中期経営計画」の実現に向けた成長プログラムの検討実行を進めて参りました。まだまだ道半ばではありますが、強い商品によるシェア拡大、ニーズの変化を捉えた新商品の創出を推進してきました。又、グローバル市場でのプリンターシェア拡大やATMの中国での拡販に加えて新規市場開拓の加速など推進しています。

現在、「堅固な経営基盤」という土台ができ、その上に「将来のOKIをどのように描き、どのようにつくり上げていくのか」を全社員で必死に考えて実行しているところです。皆さんも早く独り立ちしてその戦力となることを期待しています。皆様のフレッシュな活力を生かすチャンスの場と思ってください。従来の延長線上ではなくダイナミックな発想が重要です。今日ここに入社した皆さんに大きな期待をしています。

沖電気工業株式会社

OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 http://www.oki.com/jp/





Contact:

OKI広報部 田中 
電話: 03-3501-3835
e-mail: press@oki.com
Copyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング