トヨタ、ウィッシュをマイナーチェンジ

JCN Newswire / 2012年4月9日 17時0分

Aichi, Apr 9, 2012 - (JCN Newswire) - TOYOTAは、ウィッシュをマイナーチェンジし、全国のネッツ店を通じて、4月9日より発売した。

今回のマイナーチェンジでは、外観の意匠変更や内装の質感向上により、スタイリッシュかつスポーティなコンパクトミニバンであるウィッシュのイメージを高め、個性をより強調するとともに、燃費性能の向上を図り、環境性能を高めている。

具体的には、外観は、ラジエーターグリル、バックドアガーニッシュの意匠を変更するとともに、LEDリヤコンビネーションランプ、サイドターンランプ付ドアミラーを採用。また、新意匠のエアロバンパー(1.8A、1.8S、2.0Z)や、ブラック塗装に切削光輝加工を施したアルミホイール(1.8S[2WD])を装備したほか、フロントフォグランプ(1.8S、1.8G、2.0Z)に、めっき加飾を施すなど、よりスポーティなイメージとしている。
外板色には、新色のオレンジメタリック、サテンブルーマイカメタリックなどを含む全8色を設定した。

内装においては、センタークラスターとパワーウインドゥスイッチベース(1.8S、1.8G、2.0Z)にカーボン調加飾を採用したほか、グレードごとに専用のシート表皮とメーター色を設定するなど、個性を際立たせた。

このほか、車両のGセンサーから減速度や旋回力を判断し、コーナリング中の不要なシフトアップを抑制するG AI-SHIFT*1制御付のCVTスポーツモードを採用(1.8S、2.0Z)。より力強く、ダイレクトな加速を実現している。

また、エンジンなどの改良により、1.8L・2WD車で15.8km/L*2、1.8L・4WD車および2.0L車で14.4km/L*2の低燃費を実現。全車で「平成27年度燃費基準*3」を達成した。これにより、すでに認定を取得している「平成17年基準排出ガス75%低減レベル*4」とあわせ、「環境対応車 普及促進税制」ならびに「自動車グリーン税制」の減税措置に適合している。

さらに、エアロ仕様の「1.8S」の装備を厳選し、お求めやすい価格としたエアロ仕様の「1.8A」を設定。また、2ZR-FAE(1.8L)エンジンを搭載した「1.8G」を追加するなど、より魅力的なラインアップとした。

あわせて、ウェルキャブ(メーカー完成特装車)についても、ベース車同様の改良を施すとともに、助手席リフトアップシート車には両側アームレスト付シートを新たにオプション設定している。

なお、月販目標台数は3,500台、店頭発表会は4月14日(土)、15日(日)を予定している。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www2.toyota.co.jp/jp/news/12/04/nt12_011.html

*1 AI: Artificial Intelligence
*2 JC08モード走行、国土交通省審査値
*3 省エネ法に基づき定められている燃費目標基準
*4 国土交通省の低排出ガス車認定制度

トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。



Source: トヨタ自動車株式会社Copyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング