シャープとエネル・グリーン・パワー社によるイタリアにおける5ヶ所の太陽光発電所の稼動開始について

JCN Newswire / 2012年4月12日 17時31分

Osaka, Apr 12, 2012 - (JCN Newswire) - シャープとエネル・グリーン・パワー社※1(以下、EGP)が2010年7月に設立した太陽光独立発電事業(IPP※2)の合弁会社「Enel Green Power & Sharp Solar Energy S.r.l.(以下、ESSE)」は、イタリアで5ヶ所(合計約14.4MW)の太陽光発電所を2012年3月末より稼動開始しました。

今回稼動した5ヶ所の太陽光発電所では、2011年12月に稼動した当社、EGP、STマイクロエレクトロニクス社※3の3社の薄膜太陽電池生産の合弁会社「3Sun S.r.l.」で一貫生産した薄膜太陽電池モジュールを採用しています。5ヶ所の合計太陽電池設置容量は約14.4MWで、年間予測発電量は、イタリアの一般的な家庭の年間消費電力量の約7,200世帯分に相当する年間1,950万kWhとなり、約1万トンのCO2排出削減に貢献できます。

薄膜太陽電池は、省資源で生産工程が短く、長期信頼性が高いことに加え、高温地域での発電能力に優れていることから、グローバルにメガソーラー用途として期待されています。EU(欧州連合)では、最終エネルギー消費に占める再生可能エネルギーの割合が2050年に少なくとも55%以上になると試算しており、日照時間が長く、日射量が多い地域での大規模太陽光発電所の設置は拡大する見込みです。

ESSEは、今後2016年末までに累計500MW以上の規模となる複数の太陽光発電所の建設を予定しており、今回5ヶ所の稼動により、イタリアで合計6ヶ所(約20MW)の太陽光発電所の商業運転を実施しております。今後、イタリアで生産した薄膜太陽電池モジュールの強みを活かせる地中海地域を中心に、欧州、中東、アフリカで発電事業を展開してまいります。

<イタリア 太陽光発電所の概要>

■事業主: Enel Green Power & Sharp Solar Energy S.r.l.
■所在地(設置容量):
イタリア共和国カラブリア州アルトモンテ (8.2MW)
イタリア共和国カラブリア州イスティア (1.4MW)
イタリア共和国カラブリア州グラナターロ (1MW)
イタリア共和国カラブリア州ビジニャーノ (1.2MW)
イタリア共和国ラツィオ州ラティーナ (2.6MW)
イタリア共和国カラブリア州アルトモンテ(5MW) 2011年3月稼動

<Enel Green Power & Sharp Solar Energy S.r.l.の概要>

■社名: Enel Green Power & Sharp Solar Energy S.r.l.
■所在地: イタリア共和国ラツィオ州ローマ
■設立日: 2010年7月22日
■出資比率:
EGP 50%、シャープ 40%、
シャープエレクトロニクスイタリア※4 10%
■事業内容: 太陽光発電所の設計、建設、運営
■発電所予定地: 地中海地域を中心とした欧州、中東、アフリカ
■発電所規模: 2016年末までに累計500MW以上

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/120412-b.html

100周年記念サイト: http://www.sharp.co.jp/100th/

※1 イタリア最大の電力会社エネル社のグループ会社。イタリアおよび世界各国の再生可能エネルギーの発電事業を展開している。
※2 IPP(INDEPENDENT POWER PRODUCER)とは、発電施設を設置して発電した電気を販売すること。
※3 欧州を代表する半導体メーカー。1987年に設立。
※4 イタリアの当社販売会社Sharp Electronics(Italia)S.p.A.。

シャープ株式会社

詳細は www.sharp.co.jp をご覧ください。



Source: シャープ株式会社Copyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング