Poynt Corporation、プレゼンテーションにより最新のモバイルマーケティング戦略と消費者行動について知見を提供

JCN Newswire / 2012年4月24日 13時20分

Calgary, Alberta, Apr 24, 2012 - (JCN Newswire) - モバイルローカルサーチと広告で世界をリードするPoynt Corporation(TSX VENTURE: PYN)(OTCQX: PNYTF)("Poynt Corp.")は、Poynt Corp.マーケティングおよび渉外担当SVPのMargaret Glover-Campbellが、シンガポールで開催されるMobile Marketing AssociationのMMA Forumに招待され、最新のモバイルマーケティング戦略と消費者行動について、品質やローカルサーチデータに対するユーザーの期待など、彼女のソートリーダー(thought leader)としての知見のプレゼンテーションを行うよう依頼されたことを、本日発表しました。

Poynt Corp.の管理は、アジアなどの新興市場が、モバイル広告の力の活用法を理解しており、グローバルブランドが購買者の消費能力を引き寄せることに、ますます熱心になって来ていると信じています。2030年には、商品やサービスに関して中流階級の消費の85%はアジアで発生すると推定されています。モバイルは、世界人口の77%で使用されており、そのうち73%は新興市場です。(1)

「消費者の地元企業発見に役立つサイトやモバイルアプリがますます増加している現在、成功のカギは、ユーザーを第一に考え、彼らが可能な限り最高のデータを得られるようにすることです。」と、Glover-Campbellは述べました。「Timescity.com、Yellow Pages、toptableなどの一流パートナーを選択することで、我々はもっとも正確で高品質のデータを提供することができます。」

社名非公開の調査機関による最近のリサーチでは(2)、Google、Foursquare、Yelpなどは、イエローページディレクトリからローカルデータを取得しているにも関わらず、イエローページサイトは、ローカルサーチおよび正確性に関して、これらの検索エンジンの性能を上回っていることが、示されています。これらのイエローページディレクトリとのパートナーシップと深いデータ統合により、Poyntは、ユーザー層にもっとも正確で堅牢なデータを提供できています。ユーザーは、最高のバリューを提供されていることを期待していますので、これは、MMA Forum Singaporeで注目されるテーマとなるでしょう。

「MMA Forumでは、ブランドやマーケティング担当者が、地元消費者に対して非常に綿密な取り組みを行うことによって、コンテキストにそった間接的な結びつきを活用することに、新しい機会があるというプレゼンテーションを行う予定です。」と、Glover-Campbellは述べました。「MMA Forumでは、位置情報サービスとモバイルサーチにより、今の時代の消費者を効果的にターゲティングするというマーケティング戦略を通じた高品質データの提供について、価値の高い概念をご紹介する予定です。」

シンガポール時間2012年4月23日(月)午後1:00に、Glover-Campbellは、「今の時代の消費者を効果的にターゲティングするには」と題したワークショップパネルに参加します。パネルでは、1対1のディスカッションを行い、モバイルマーケティングサービスの提供におけるコンテキストの重要性など、マーケティングセクターにまたがったモバイルマーケティングで、何が役立ち、何が役立たないかについて、戦略的知見と戦術を共有します。彼女以外の参加者は、Tigerspikeアジア太平洋地域代表取締役のAlex Burkeと、Cherrypicks最高経営責任者のJason Chiuの予定です。パネルのモデレーターは、ニールセンの消費者知見およびイノベーション担当グローバルエグゼクティブディレクターのHanis Harunの予定です。

シンガポール時間2012年4月25日(水)午後12:50に、Glover-Campbellは、「飽和状態のアプリ市場で、アプリが注目され、消費者に愛されるには?」と題したケーススタディのプレゼンテーションを実施します。プレゼンテーションでは、消費者行動がいかにダイナミックであり、コンテキストと関連の深い形でいかに購買決定に影響を与えるかに関して、理解されていることについて、知見を提供します。

MMA Forum Singaporeについて詳しくは、
http://www.mmaglobal.com/events/forums/singapore2012/overview をご覧ください。

Poynt Platformについて

Poyntは、便利で時間の節約になるGPS対応モバイルローカルサーチおよび広告プラットフォームで、消費者が商品やサービスの購入を検討する際に、地元のお買い得情報、企業、イベント、レストラン、映画館、ガソリン価格、天気予報などをオンラインで提供します。Poyntでは消費者が、映画の予告編やレビューの視聴、映画チケットの購入、Click-to-Callビジネス、ルート検索、リスティングサイトの表示、レビューの表示、レストラン予約、地元クーポンや特典など、単に地元の情報を見つける以上のことを行うことができます。

Poyntは、コンテキストと関連性に応じた広告を、地元検索を行うユーザーに提供しています。同社の収益モデルは、プラットフォーム中のユーザーによる検索、ページビュー、広告、トランザクションなどに基づいています。各ユーザー検索は、何件かのページビューを生成し、広告主によって支払われる広告の表示やスポンサー付きリスティングを通じて、同社の収益となります。これらの広告表示により、CPM (cost per thousand impressions)ベースまたはCPC (cost per click)ベースの売上が生成されます。チケット販売やレストラン予約などのトランザクションも、出来高払いベースで売上に貢献します。

Poynt Corporationについて

Poynt Corp. (about.poynt.com) (TSX VENTURE: PYN)(OTCQX: PNYTF)は、モバイルローカル広告分野で世界をリードする企業です。同社のLocation Based Search (LBS)および広告プラットフォームのPoynt ( www.poynt.com )により、ユーザーは、彼らにとってもっとも重要度の高い人々や企業、イベントなどとオンラインで結びつくことができます。Poyntは、カナダ、米国、ヨーロッパ、インド、オーストラリアで、Android、iPhone、Windows Phoneおよびノキア社のデバイスの他、BlackBerryスマートフォンやBlackBerry PlayBook Tabletで利用可能です。Poynt Corp.は、2011年1月にある広告掲載プラットフォームを買収した際に、モバイル広告掲載分野に参入しました。Poynt Local Search PlatformまたはAd Publishing Platformにより、Poynt Corp.は、消費者を企業、小売業者、イベントなどとオンラインで結びつけます。Poynt Corp.の本社はカナダのアルバータ州カルガリーにあり、TSXベンチャー取引所にシンボルPYNで上場しています。米国のOTCQXではシンボルPNYTFで上場しています。

将来予想に関する記述(Forward-Looking Statements)についての重要な注意事項

このニュースリリースには、将来予想に関する記述が含まれています。これらの記述には特に、以下に関するものがありますが、これに限定されるわけではありません。新興モバイル広告業界に対するPoynt Corp.の効果。モバイル広告業界の将来的成長と消費者による採用の傾向に関する期待。モバイルローカル広告の戦略的利用の、成長や財務業績に対する効果。モバイル広告で購買者の出費能力を惹きつける力。アジアで発生する商品とサービスの推定消費量。Poyntが正確で高品質なデータを提供する能力。ローカルサーチと正確性に関するサーチサイトの性能。ユーザーの期待。その他、過去の事実以外の記述。このような将来予想に関する記述は、重要なリスク、不確実性および仮定の対象になります。これらの将来予想に関する記述で予測されている結果や出来事は、実際の結果や出来事と大きく異なる場合があります。そのため、これらの将来予想に関する記述に対して、過大な信頼を置かないようにご注意ください。

これらの将来予想に関する記述は、特定の主要な仮定に基づいています。これらには、特に、次のものがあります。将来の技術発展。製品ライン拡大コスト。競争の激化の影響。既存のビジネス関係の継続。Poynt Platformの開発、実装、実行の成功の継続。モバイルアプリのアクティブユーザー数の伸びの継続。ユーザーによるモバイル広告への利用切り替えの継続。アジアの商品およびサービスの消費率が予想より低くなるリスク。経済および金融市場の全般的な状況。必要な規制当局の認可をすべて獲得することができるか否か。受諾可能な条件で資金提供を受けられるか否か。実際の結果が将来予想に関する情報から大きく異なる原因となりうる物質的なリスクファクタには、以下のものがありますが、これに限定されるわけではありません。モバイル広告などのIT製品への出費減少に結びつきうる経済や市場状況の悪化。ターゲット市場での競争。資本需要の可能性。将来の成長と拡大の管理。同社の戦略ビジョンの開発、実装、実施。第三者による権利侵害の申し立て。同社の独自情報の保護。同社の既存または新発表製品に対するユーザーの受容度。ブランド開発施策の成功。戦略的提携に関するリスク。契約の相手がその実行に失敗するリスク。契約交渉の失敗。追加のプリロード合意の交渉の失敗。配信チャネルへの依存。商品の集中化。新規および拡張製品の開発ニーズ。必要な規制当局の認可の取得の失敗。製品の障害の可能性。資格のある従業員や主要な経営幹部を採用し維持する能力。国内外の市場状況の変化や、同社製品の新市場への参入に関するリスク。同社のSEDARプロファイル( www.sedar.com )から入手可能な2010年12月31日締めの年次情報フォームの「リスクファクタ」に記載されたリスク。

Poynt Corp.が事業を行っている業界や、Poynt Corp.の業界予測内容全般に関して、この文書に記載されている将来予想に関する記述等の情報は、一般に公開されている業界資料、市場調査、業界分析などのデータの利用や、Poynt Corp.が合理的であると信じる業界データや業界知識に基づいた仮説などをベースにしています。しかし、このデータは、本質的に不明確なものです。この文書に記載されている任意の業界データに関して、同社は、任意の重要な虚偽記載を認識していません。また、Poynt Corp.が事業を行っている業界にも、数多くのリスクと不確実性が内在し、各種要因による変化が起きる可能性があります。

このプレスリリースの将来予想に関する記述は、プレスリリースの日付現在の情報に基づいて作成されています。法令で定められている場合を除き、同社は、新しい情報、今後の出来事、その他、いかなる事項の結果についても、将来予想に関する記述を更新する意図はありませんし、また、その義務を負いません。さらに、同社は、上記で述べられた将来予想に関する記述に関して、第三者の期待や声明に対してコメントを行う義務も負いません。

BlackBerryとRIMの一連の関連マーク、画像、シンボルは、Research In Motion Limitedの独占的な資産であり商標です。Apple App Store とiPhoneは、米国および他の国で、Apple Inc.により登録されています。Windowsは、米国および他の国で、Microsoft Corporationの登録商標です。AndroidはGoogle Inc.の登録商標です。NokiaはNokia Corporationの登録商標です。

(1) http://mashable.com/2012/04/11/mobile-advertising-developing-world/
(2) http://searchengineland.com/yellowpages-sites-beat-google-in-local-data-accuracy-test-118467?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=feed-main

TSXベンチャー取引所およびRegulation Services Provider (この用語は、TSXベンチャー取引所のポリシーに定義されています)はいずれも、このリリースの妥当性または正確性について責任を負いません。

お問い合わせ先:
企業お問い合わせ先:
Poynt Corporation
Andrew Osis
CEO
+1-403-313-3719
www.poynt.com

北米広報お問い合わせ先:
Global Results PR (Poynt Corporation担当)
Valerie Christopherson
+1-949-608-0276
poynt@globalresultspr.com

Poynt IR情報お問い合わせ先:
Liolios Group, Inc.
Scott LioliosまたはMatt Glover
+1-949-574-3860
info@liolios.com

ヨーロッパのメディア向け広報お問い合わせ先:
CC-Group Communications Ltd. (Poynt Corporation担当)
Nicole LittlewoodまたはHoward Jones
+44 118 920 7650
poynt@ccgrouppr.com




Copyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング