VMwareそれともHypter-V?米ソーラーウィンズのVirtualization ManagerがVMwareに加えてMicrosoft Hyper-Vをサポート

JCN Newswire / 2012年4月24日 17時56分

AUSTIN, TX, Apr 24, 2012 - (JCN Newswire) - 費用対効果の高いIT管理ソフトウェアで業界をリードする米ソーラーウィンズ・インク(SolarWinds(R) Inc.、NYSE: SWI、以下ソーラーウィンズ)は本日、「SolarWinds Virtualization Manager」最新版を発表しました。同最新版は、VMwareに加えてMicrosoft Hyper-Vの管理が可能となり、最も包括的かつ費用対効果の高い仮想化管理 ソリューションとなりました。

SolarWinds Virtualization Managerは、VMwareおよびMicrosoft Hyper-Vのキャパシティプランニング、VMスプロールコントロール、パフォーマンスモニタリング、コンフィギュレーション管理、自動課金といった機能を提供する包括的な仮想化管理ソリューションです。サーバーおよびストレージハイパーバイザのトラブルシューティング、ダウンタイムやリソース利用においてユーザーの負荷を軽減します。

SolarWinds Virtualization Managerが複数のハイパーバイザをサポートしたことで、規模を問わず仮想化環境の管理が簡素化され、ユーザーは仮想化導入の初期の段階から、プライベートクラウドの導入およびIT-as-a-Service(サービスとしてのIT)の提供に至るまでを実現できます。

ハイパーバイザの展開は、ストレージに依存するところが大きくあります。SolarWinds Virtualization Managerは、SolarWinds Storage Manager, Powered by Profilerと連携します。これによりユーザーは、データストアだけでなく、VMwareとHyper-Vの両方に向けた論理装置番号(LUN)と、最終的には物理ディスクレベルの情報を入手できるほか、仮想マシンからスピンドルまでが完全に可視化されているため、より簡単かつ迅速にトラブルシューティングが可能となります。

ソーラーウィンズがIT管理者を対象に独自に実施したプライベートクラウド管理に関する調査(2011年12月実施、有効回答数約65)によると、約85%の管理者がVMwareを、55%がMicrosoft Hyper-Vを使用していることが分かりました。

ソーラーウィンズのバイスプレジデント&マーケットリーダーであるサンジェイ・カステリノは次のように述べています。「当社の顧客の多くが、2つ目のハイパーバイザを追加したり、別のハイパーバイザへ移行するなどしてコスト削減とベンダーの固定化を回避していることが分かりました。この結果を受けて当社は、SolarWinds Virtualization ManagerにMicrosoft Hyper-Vのサポートを追加しました。これによりユーザーは、Hyper-Vのみを管理するのか、VMwareとHyper-Vの両方を管理するのかを柔軟に選択できるようになりました。ソーラーウィンズは、企業の仮想化環境に関する重要な決断とプライベートクラウド基盤の構築をサポートします。

EMAのシニアアナリストであるトルステン・ヴォルク氏は次のように述べています。「ソーラーウィンズによる複数のハイパーバイザのサポートは、顧客のライセンスコストならびに年間の保守費用を大幅に削減します。IT管理者は、SolarWinds Virtualization Managerを使用することでSLAに準拠しながらVMwareとHyper-Vの間で作業量を最適化できるようになります。特定の仮想マシンにどのハイパーバイザを適用するかを決定する前に多数のシナリオを展開できるのは、コストとリスクの観点から非常に大きな利点です。」

ビクター・バレー大学のネットワークマネージャであるブライアン・ハッチェル氏は次のように述べています。「当校は公的機関として、維持管理の手間がなく、けれども必要なデータを収集し、パフォーマンスとキャパシティを確認できる仮想インフラ向けの管理製品が必要でした。SolarWinds Virtualization Managerの最新版は、予めダッシュボードが用意されているほか、インターフェースが旧バージョンから改善されスムーズに動きます。特にお勧めなのは、Hyper-Vのサポートが追加された点です。」

価格と入手方法

SolarWinds Virtualization Managerは、初年度の保守費用込みで35万円から提供されます。詳細は、ソーラーウィンズのウェブサイト( http://www.solarwinds.jp/ )より30日間無料のトライアル製品をダウンロードいただくか、お電話(フリーダイヤル:0120-934-743)でお問い合わせください。

ご参考情報

SolarWinds Virtualization Managerの機能を限定した無償版もご利用いただけます。
SolarWinds VM Monitor for Hyper-V:
http://www.solarwinds.com/products/freetools/
SolarWinds VM Monitor for VMware:
http://www.solarwinds.com/products/freetools/

ソーラーウィンズについて

ソーラーウィンズ(SolarWinds, Inc.、NYSE: SWI)は、費用対効果の高いIT管理ソフトウェアをフォーチュン500企業から小規模企業まで多岐にわたる世界の顧客に提供しています。ソーラーウィンズは顧客第一主義を貫き、従来の企業ソフトウェアの課題を取り除きます。製品はダウンロード可能で使いやすく、ユーザーの優先事項に沿った管理を可能にするために必要なパワー、拡張性、柔軟性を提供します。オンラインのユーザーコミュニティ「thwack」は、数万人のIT管理者が問題を解決し、技術を共有し、すべてのソーラーウィンズ製品の開発に参加する場となっています。詳細は、 http://www.solarwinds.jp/ をご覧ください。

SolarWindsおよびSolarWinds.comは、ソーラーウィンズの登録商標です。本文で記載されたその他すべての企業名および製品名は識別目的のためだけに使用されており、商標または登録商標はそれぞれの所有者に帰属します。

本件に関する報道関係者のお問合わせ先:

ソーラーウィンズ広報代理
ホフマン ジャパン株式会社 鷲野
03-5159-2145 / mwashino@hoffman.com

米ソーラーウィンズ・インク
ティファニー・ネルズ(Tiffany Nels)
+1-512-682.9545
pr@solarwinds.com

SolarWinds





Source: SolarWindsCopyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング