ST-Ericsson 2012年第1四半期決算を発表

JCN Newswire / 2012年4月26日 8時48分

Geneva, Switzerland, Apr 25, 2012 - (JCN Newswire) - STMicroelectronics (NYSE:STM) と Ericsson (NASDAQ:ERIC) のジョイントベンチャーである ST-Ericsson は、2012年3月31日締めの第1四半期決算を発表しました。

- 純売上は2.9億ドル
- NovaThor U8500 ModAp が大手顧客からのデバイスから市場に到達
- 本日新しい戦略的方向とパートナーシップを発表

前期四半期における第三者へのIPライセンスの貢献分を除いて、第1四半期の売り上げは予想通り連続的に27%減少しました。営業損失は低収入のため、前期四半期より高い数値でした。

ST-Ericsson の会長兼社長である Didier Lamouche 氏は次のように述べました。「今回は2つの要素からなる四半期でした。一方では、予想通り当社の売り上げはかなり低下しました。これは恒例の季節的影響と当社のレガシー製品の継続的な低下に加えて、当社最大の顧客における新製品の売り上げの低下が原因です」。

「他方では、この四半期はマイルストーンでもあり、当社の NovaThor(TM) U8500 ModAp の Samsung と Sony Mobile Communications での導入が順調に進み、両顧客からのスマートフォンが市場に出ました。1月には、当社は戦略プログラムの効果的に実行、優れた製品を大量に届け、設計における勝利を広めることに焦点を合わせると述べました。これが見え始めています。当社は本日先ほど発表した戦略的計画の4つの主な柱の実行に引き続き焦点を合わ、前進します」

2012年第1四半期財務ハイライト(未監査)

----------------------------------------------------------------------
100万米国ドル                    2012年度      2011年度       2011年度
                                第1四半期     第4四半期      第1四半期
----------------------------------------------------------------------
損益計算書
----------------------------------------------------------------------
純売上高     	                     290           409            444             
----------------------------------------------------------------------
営業利益(損失)、 以下で調整[1]:(297)         (207)          (149)
- 統合関連の無形資産減価償却        (19)          (25)           (25)    
- 再構築関連費用                    (10)           (9)            (4)    
----------------------------------------------------------------------
営業利益(損失)実額                 (326)         (241)          (178)
----------------------------------------------------------------------
純利益(損失)                       (312)         (231)          (178)      
---------------------------------------------------------------------- 

追加財務データ
---------------------------------------------------------------------- 
金融資産と金融負債の収支 
----------------------------------------------------------------------
現金及び現金同等物 & 短期預金         22            9              39
----------------------------------------------------------------------
短期借入金                         (978)        (807)           (234)
----------------------------------------------------------------------
金融資産と金融負債の収支[2]        (956)        (798)           (195)
----------------------------------------------------------------------
営業からのキャッシュフロー         (158)        (204)           (113)
----------------------------------------------------------------------
財務状況に関する追加情報

第1四半期末時点での純財政状態は、マイナス9.56億ドルでした。報告された損失に関わらず、資本支出後の純営業キャッシュフローは在庫削減と運営資本管理のおかげで、連続的に改善しています。

在庫は1400万ドル減少し、第1四半期末には2.09億ドルになりました。

今後の見通し

2012年第2四半期において、ST-Ericsson は低い2桁代で純売り上げが連続的に増加することが予想されています。

2012年第1四半期のハイライト:製品、技術、契約

製品
- Mobile World Congress で発表された NovaThor(TM) L8540 は LTE/HSPA+/TD-HSPA-イネーブルの統合スマートフォンプラットフォームであり、パワフルなアプリケーションプロセッサとモデムが単一の金型に統合されおり、2012年の後半にサンプルが顧客に提供できる予定。
- 業界初の接続性プラットフォームソリューションである CG2905 を発表。これは単一の 40nm デバイス上にすべてを統合し、GPS と GLONASS 技術、Bluetooth と FM ラジオを同時にサポート。
- PM2020 の携帯電話用の最初の完全統合型ワイヤレス充電器を導入。

顧客
- Samsung は現在 ST-Ericsson NovaThor(TM) プラットフォームを購入しています。新しい Samsung GALAXY S Advance Android-powered スマートフォンは ST-Ericsson NovaThor(TM) U8500 システムを採用。
- Xperia(TM) P、Xperia(TM) U および Xperia(TM) sola は、NovaThor U8500 ModAp を使用する Sony Mobile Communications での最初の 3 つのスマートフォンで、アプリケーションのプロセス、モデムと接続性を組み合わせています。
- Thor(TM) M5780 HSPA+ モデムが次世代 Panasonic Eluga スマートフォンに採用されています。
- Ontim WP8500 タブレットは、NovaThor U8500 タブレットを使用する、市販の最初の Android ベースのタブレットです。

パートナー/テクノロジー
- 未来のモバイルプラットフォームにおいて、完全空乏型 (FD-SOI) 技術を選択。これは Soitec SOI をベースにした ST 技術を利用し、これにより ST-Ericsson NovaThor(TM) プラットフォームのパフォーマンスが高まり、バッテリーの使用がかなり低くなります(最大パフォーマンス時に最大35%消費が低下)。
- metaio と引き続き協力し、metaio の新しい 3D トラッキング技術への支援において次のマイルストーンに到達。
- Facebook が立ち上げた、W3C コアモバイルウェブプラットフォームコミュニティーグループに参加。
- SRS Labs は ST-Ericsson Snowball 開発用プラットフォームにおいて、TruMedia オーディオ処理技術を利用可能にした。

注記

[1] (調整済)営業損失とは、統合関連の無形資産減価償却と再構築関連費用を除外した営業損失を指します。経営陣は、継続事業に関する理解を深める一方、これらの項目が営業損失の実額に与える影響について説明する目的で、(調整済)営業損失を使用しています。

[2] 純財務状態とは、キャッシュ、キャッシュ同等物、短期性預金から成る金融資産から、当座借越、親会社からの短期の信用供与を含む金融負債を減じたものです。

[3] 純営業キャッシュフローは、営業活動からのネットキャッシュから、資本支出と再構築費用を差し引いたものとして定義します。

ST-Ericsson

ST-Ericssonは、幅広いモバイルテクノロジを網羅した、革新的なモバイル・プラットフォームと最先端のワイヤレス半導体ソリューションの完全なポートフォリオを開発、提供している世界的リーダー企業です。同社は携帯端末製造最大手各社へのトップサプライヤであるとともに、その製品とテクノロジは今日市場に供給されているすべての携帯電話の半数以上に採用されています。2011年の売上(暫定値)はおよそ17億ドルに達しています。ST-Ericsson は、STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM)およびエリクソン(NASDAQ:ERIC)による対等出資(50:50)の合弁企業として2009年2月に設立され、本社はスイス・ジュネーブに置いています。ST-Ericsson の詳細は、Webサイト www.stericsson.com をご覧ください。 www.twitter.com/STEricssonForum



Source: ST-Ericsson

Contact:
Global Communications & Media Relations
Claudia Levo, Geneva, Switzerland
media.relations@stericsson.com

Investor & Analyst Relations
Fabrizio Rossini, Geneva, Switzerland 
Phone: +41 22 929 6973
Email: investor.relations@stericsson.com
Copyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング