昭和電工、GaN系LED素子事業を分離、豊田合成との合弁事業化を決定

JCN Newswire / 2012年4月27日 17時12分

Tokyo, Apr 27, 2012 - (JCN Newswire) - 昭和電工株式会社(社長:市川 秀夫、以下、当社)は、2012年中をめどに窒化ガリウム(GaN)系青色LED素子事業を分離、別会社化したうえ、この会社の株式70%を豊田合成株式会社(以下、豊田合成)に譲渡することを決定しました。

当社は4元(AlGaInP)系、ガリウムヒ素(GaAs)系・ガリウムリン(GaP)系、GaN系など多種のLED素子の生産販売を行っています。今回、これらのうち千葉事業所にて生産を行っているGaN系LED素子事業の合弁事業化を実施いたします。

GaN系LEDの開発販売で先行した世界大手の1社である豊田合成と当社は現在も提携関係にありますが、当社事業を豊田合成の傘下とすることにより一層の関係強化を実現しグループ全体での供給力の拡大を図るとともに、高輝度化や生産効率向上などの研究開発面でのシナジー効果の発揮を目指します。

なお、GaN系LED素子以外のLED事業につきましては、これまでのとおり当社単独の事業として継続いたします。

【新会社の概要】

会社名(仮称): TSオプト株式会社(英文名 TS Opto Co., Ltd.)
設立時期: 2012年12月(予定)
所在地: 千葉県市原市八幡海岸通り5番の1
資本金: 設立時 約4.9億円(予定)
出資比率: 豊田合成 70%、当社 30%
事業内容: GaN系LED製品の製造・販売

昭和電工株式会社

詳細は www.sdk.co.jp をご覧ください。



Source: 昭和電工株式会社

Contact:

IR・広報室
03-5470-3235
Copyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング