日立、「情報共有基盤サービス Groupmax Collaboration Edition メール・スケジュール機能版」を提供開始

JCN Newswire / 2012年6月21日 17時46分

Tokyo, June 21, 2012 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長: 中西 宏明/以下、日立)は、このたび、日立クラウドソリューション「Harmonious Cloud」(ハーモニアスクラウド)のSaaSメニューのひとつで、事業継続性の強化と運用負担の軽減を両立するグループウェアサービス「情報共有基盤サービスGroupmax Collaboration Edition」(グループマックス・コラボレーション・エディション)のラインアップに、メール機能群とスケジュール機能に特化して提供するサービス「情報共有基盤サービスGroupmaxCollaboration Edition メール・スケジュール機能版」を追加し、6月22日から利用申し込みの受付を開始します。

日立は、2010年3月に「情報共有基盤サービスGroupmax Collaboration Edition」を発表し、メールやスケジュール管理、電子会議室、ファイル共有、コミュニティ管理などのグループウェアとしてのすべての機能をSaaSの形態で提供するサービスを開始しました。

今回、「情報共有基盤サービスGroupmax Collaboration Edition」の機能の中から、メール機能群とスケジュール機能に特化した本サービスを提供*1します。

メールでは、企業で利用されるメールシステムに必要と考えられる機能として、ウイルスチェックやスパム対策、誤送信防止などのセキュリティ機能を提供します。また、メール保存期間1年以上から契約に応じて長期保管ストレージに保存できるメールアーカイブ機能を提供します。さらに、万一のサーバ障害の場合は、直近24時間以内に届いたメールが失われること(メールロスト)を回避するため、障害の直前から24時間前までに送受信したメールを復旧できる日立独自のメールバックアップ機能を提供します。これらのメール機能群のほか、個人だけでなく、企業内での組織の枠を超えたメンバーとの相互のスケジュールも容易に管理できるスケジュール機能を提供します。

なお、本サービスは、堅牢で高信頼な日立データセンタ内のクラウドサービス拠点(Harmonious Cloudセンタ)で運用されており、そこから、高セキュリティのネットワークを介してSaaSの形態で提供します。そのため、ユーザーは、高いセキュリティレベルを実現した安心・安全なメールシステムを利用することが可能です。

日立は、日立クラウドソリューション「Harmonious Cloud」のラインアップの一つである本サービスを拡販していくほか、今後も日立グループ内で培ったノウハウや実績をもとにSaaSの形態で提供するさまざまなサービスのラインアップを拡充していきます。

「情報共有基盤サービスGroupmax Collaboration Edition メール・スケジュール機能版」のサービスイメージ(概要図)

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2012/06/0621.html

「情報共有基盤サービスGroupmax Collaboration Edition メール・スケジュール機能版」の価格と提供時期

名称: 情報共有基盤サービス
Groupmax Collaboration Edition メール・スケジュール機能版

内容*4:
- メール(セキュリティ、アーカイブ、バックアップ機能を含む)
- スケジュール

価格(月額)*5: 1ユーザーIDあたり630円から(税抜: 1ユーザーIDあたり600円から)

提供時期: 9月28日

*1 本サービスはエンドユーザーのPCに、クライアント用ソフトウェア「Groupmax Client Light Ex」(グループマックス・クライアント・ライト・イーエックス)をインストールする必要があります。「Groupmax Client Light Ex」のユーザーライセンスはサービス利用料に含まれます。
*2 回線はユーザーで準備(費用負担)が必要となります。
*3 利用するクライアントPCへの「Groupmax Client Light Ex」のインストールが必要となります。
*4 対象となるシステム規模は、1,000~4,000ユーザーID。
*5 4,000ユーザーID規模の場合での1ユーザーライセンスあたりの価格。

株式会社 日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。



Source: 株式会社 日立製作所

Contact:

株式会社日立製作所
情報・通信システム社 ITサービス事業部
IT基盤サービス部[担当: 真野、鈴木、井上]
Copyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング