アステラス製薬、高リン血症治療剤「キックリン(R)カプセル」新発売のお知らせ

JCN Newswire / 2012年6月25日 17時40分

Tokyo, June 25, 2012 - (JCN Newswire) - アステラス製薬株式会社(本社: 東京、社長: 畑中好彦、以下「アステラス製薬」)は、高リン血症治療剤「キックリン(R)カプセル250mg」(一般名:ビキサロマー)について、透析中の慢性腎不全患者における高リン血症の改善の効能・効果で、2012年6月26日に新発売しますので、お知らせします。

腎機能が低下した透析患者の多くでは、腎臓からリンが十分に排泄されなくなるため、体内にリンが蓄積して高リン血症を発症します。高リン血症が持続すると、骨が痛んだり骨折しやすいなどの症状を特徴とする腎性骨症や、心血管系組織の石灰化による虚血性心疾患のリスクが高くなることが知られており、透析患者では血清リン濃度を適正値に維持することは極めて重要とされています。

キックリンカプセルは、アミン機能性ポリマーであり、消化管内でリン酸と結合し体内へのリン酸吸収を阻害することにより、血清リン濃度を低下させることが期待されます。国内で実施した透析中の慢性腎不全患者を対象とした第III相試験において、血清リン濃度の低下作用及び長期投与時における安全性が確認されました。

アステラス製薬は、2006年4月、米国イリプサ社(現アムジェン子会社)と、同社が創製したキックリンカプセルの日本での独占的開発・販売権を取得するライセンス契約を締結し、日本での開発を手掛けてきました。

アステラス製薬は、キックリンカプセルを日本市場に投入することにより、新たな選択肢を提供することで、高リン血症治療に貢献ができるものと考えています。なお、キックリンカプセルについては、2012年2月に合意した国内腎疾患領域医薬品市場における戦略的提携に基づき、アステラス製薬が販売し、アステラス製薬と三和化学研究所で共同販促を実施する予定です。当社は本剤の国内でのピーク時売上高を、2016年度に70億円(薬価ベース)と予測しています。

「キックリン(R)カプセル250mg」の概要は以下の通りです。

製品名: キックリン(R)カプセル250mg(英名: Kiklin(R) Capsules 250mg)
一般名: ビキサロマー(英名: Bixalomer)
効能・効果:
下記患者における高リン血症の改善
透析中の慢性腎不全患者
用法・用量:
通常、成人には、ビキサロマーとして1回500mgを開始用量とし、1日3回食直前に経口投与する。以後、症状、血清リン濃度の程度により適宜増減するが、最高用量は1日7,500mgとする。
包装: キックリン(R)カプセル250mg: 100カプセル、500カプセル
薬価: キックリン(R)カプセル250mg: 29.70円
薬価収載日: 2012年5月29日
発売予定日: 2012年6月26日

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。(PDF版)
http://www.astellas.com/jp/corporate/news/pdf/120625_Jp.pdf

アステラス製薬株式会社

詳細は www.astellas.com/jp をご覧ください。



Source: アステラス製薬株式会社Copyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング