昭和電工、樹脂複合材用CNT製品グレードをVGCF(R)-Hに特化

JCN Newswire / 2012年7月27日 13時11分

Tokyo, July 27, 2012 - (JCN Newswire) - 昭和電工株式会社(社長:市川 秀夫)は樹脂複合材用カーボンナノチューブ(以下、CNT)事業の効率化を進め今後本格的な事業化を図るため、このたび製品グレードを繊維径約150nmのVGCF(R)-Hに特化することを決定いたしました。このため樹脂複合材用途でお客様にご評価をいただいておりました繊維径約15nmのVGCF(R)-Xにつきましては、今後マーケティング活動を停止いたします。なお、当社CNTの主力であるリチウムイオン電池向け事業につきましては、当社の成長・育成分野の中核事業として今後とも注力してまいります。

当社はCNTの一種であるVGCF(R)(繊維径150nm)の設備を1996年に当社川崎事業所内に竣工し、リチウムイオン電池の正・負極添加剤用途での販売を開始いたしました。その後、より分散性を改良したグレードであるVGCF(R)-Hの販売を開始し、リチウムイオン電池用途に関しては既にVGCF(R)-Hにグレードを統合しております。リチウムイオン電池用途向けの当社CNTの販売は順調に増加基調にあることから、川崎事業所の年産能力についても当初の40トンから現行の200トンまで順次増強を実施しております。

また、樹脂複合材用途に関しては、2010年3月に本用途に開発したグレードであるVGCF(R)-X専用の年産能力400トンの量産設備を当社大分コンビナート内に設置しましたが、今回、樹脂複合材事業をVGCF(R)-Hに特化することから本設備に関しましては2012年6月までに休止いたしました。

なお、今回の大分コンビナートにおけるVGCF(R)-X設備の休止にともない、2012年第2四半期に減損損失を計上しています。

昭和電工株式会社

詳細は www.sdk.co.jp をご覧ください。



Source: 昭和電工株式会社

Contact:

IR・広報室
03-5470-3235
Copyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング