ジェンテックス社がフォルクスワーゲングループによって表彰される

JCN Newswire / 2012年8月9日 10時36分

ZEELAND, MI, Aug 9, 2012 - (JCN Newswire) - ミシガン州ジーランド市に本社を置き、自動車産業向け自動防眩リアビュー・ミラー、カメラ・ベースのドライバー・アシストシステムそして防災製品及び航空機向け防眩ウインドウを製造しているジェンテックス・コーポレーション (Nasdaq Global Select Market: GNTX) は、 同社が最近、デンマーク・コペンハーゲンで開催された授賞式にてVolkswagen Group Award を授与されたことを発表した。世界中のグローバル・サプライヤーの中でこの賞を受賞したのは、同社を含めわずか18社のみであり、その中で米国企業はジェンテックス社のみであった。

フォルクスワーゲン社によると、Volkswagen Group Award は、顕著な実績をあげた同社のベスト・サプライヤーに対して贈られる。 本賞の主要な基準には、革新的技術力、製品品質、開発における専門性、卓越したプロジェクト管理、効率性向上のための取り組み、環境適合性が含まれる。

デンマークで開催された授賞式には、ジェンテックス社の会長兼CEOであるフレッド・バウアー氏が出席した。 バウアー氏は、「本賞は、自動車業界において非常に名誉ある賞である」と語った。同氏は、又、「今回の受賞は、当社のエンジニアをはじめ、プログラムマネージャー、販売チーム、生産担当スタッフ全員の努力があってこそである」とも語っている。「当社は、フォルクスワーゲン社が求める複数のニーズに見合った高品質の製品を設計し生産することができた。世界中のジェンテックス社の従業員全員とこの賞を分かち合うことを誇りに思う」と同氏は語った。

1974年に設立された、ジェンテックス・コーポレーションは、世界中の自動車産業向けに自動防眩リアビューミラー、カメラベースのドライバー・アシストシステム及び照明アシストシステムを供給しているサプライヤー最大手である。同社は、北米防災製品市場向けに煙探知機・警報装置も供給しており、又、法人/民間航空機向けに航空機用防眩ウインドウといった製品も供給している。同社は、後続車輌のヘッドライトから発せられるグレアの量に応じて暗転する独自のエレクトロクロミック技術を活用した車内及び車外の自動防眩リアビュー・ミラーを開発・製造・販売する、ミシガン州ジーランド市に本社を置く国際企業である。同社製インナーミラーの多くは先端的な電子機能を持ったものであり、同社の純売上高の98%以上は、世界中の主要自動車メーカーへの自動防眩ミラーの販売から得ている。

お問合せ先:
Connie Hamblin
+1-616-772-1800
証券取引所:NASDAQ Global Select Market
銘柄: GNTX
ウェブサイト: www.gentex.com

ジェンテックス・コーポレーション





Source: ジェンテックス・コーポレーションCopyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング