Sun Country Airlines、全機材にOnTouch(R)マーチャンダイジングプラットフォームを展開するために、GuestLogixを選択

JCN Newswire / 2012年8月27日 14時4分

Sun Countryは、機内販売で目的地に合せた製品・サービスを提供するために、同社の機内小売技術を使用

TORONTO, ONTARIO, Aug 27, 2012 - (JCN Newswire) - 航空会社および航空旅行業界向け機内小売および決済技術ソリューションの大手グローバルプロバイダのGuestLogix Inc. (TSX: GXI)は、米国ミネソタ州に本社のあるSun Country Airlinesが、目的地に合せた製品・サービスを全機材の機内で販売するために、同社のOnTouch(R) Retail TechnologyとMerchandising Platformを選択したことを、本日発表しました。これは年間のべ120万人以上の旅客に相当します。

「GuestLogixとSun Countryとの提携は、北米初のOnTouch(R) Merchandising Platformの全機材規模の実装です。」と、GuestLogix社長兼CEOのTom Douramakosは述べました。「今後も北米でこの種の実装が行われる予定です。Sun Countryは、最新技術を展開し、目的地ごとのコンテンツ提供パートナーの幅広いネットワークから利益を得る予定です。弊社技術により、航空会社は、複数の異なる顧客タッチポイントを通じて、プラットフォームの展開の柔軟性を得ます。たとえば、旅客は、フライトアテンダントが操作するPOSデバイスや、自分のスマートフォンやタブレット、digEplayerなどの航空会社の機内エンターテイメントシステムなどを通じて、マーチャンダイジングプラットフォームにアクセスできます。」

GuestLogixのOnTouch(R) Merchandising PlatformによりSun Countryは、旅客が航空機のシートでくつろぎながら、シアターイベントのチケットや、人気アトラクションのパス、シャトル、公共交通機関、プライベートリムジンなどの地上交通の特典を購入する機会を提供します。

「Sun CountryがGuestLogixを選択した理由は、同社の革新的なOnTouch(R) Merchandising Platformです。このプラットフォームにより我々は、目的地に合せた新しい優れた製品・サービスを旅客に機内販売できるようになります。」と、Sun Country Airlines製品計画担当VPのDeb Diepholzは述べました。「Sun Countryでのフライトは通常の航空会社での経験とは異なります。弊社では旅客の皆様がご旅行中に、数々の賞に輝く顧客サービスを必ず受けられるように、努力しています。弊社では優れた機内アメニティの提供に誇りを持っています。GuestLogixのマーチャンダイジングプラットフォームは、Sun Countryがお客様向けに最高の機内エクスペリエンスを作り出す上で重要な役割を果たすでしょう。」

契約の下でSun Countryは、目的地に合せたオファリングの販売、フードとドリンク、免税品、機内エンターテイメントなどの処理のために、GuestLogixのトップクラスのOnboard Retail Technology Platformと次世代XPDA-SP POS (point-of-sale)ハンドヘルドデバイスを展開します。XPDA-SPデバイスにより、EMV ContactlessとNFC/モバイル決済オプションが実現します。これ以前には、Sun Countryは機内で現金で取引をし、クレジットカード処理を取り扱っていました。

「GuestLogixは、Sun Countryが、弊社の先進トランザクション処理技術によって、機内販売のために独自の各種目的地関連製品・サービスの提供により、旅客向けの機内エクスペリエンスを拡大する支援を鋭意行ってまいりたいと考えています。」と、GuestLogix USA本部長でSVPのPatrick O'Neillと述べました。「弊社は航空業界向けに革新的技術を生み出し展開するだけでなく、Sun Countryなどの航空会社がよりよい旅客エクスペリエンスを生成し、究極のブランドロイヤルティを作り出すことを支援します。」

Sun Countryにはまた、ゲートやラウンジでGuestLogixのキオスクやモバイルPOSデバイスによって、目的地に合せた製品・サービスを販売するオプションもあります。さらに、Sun Countryは、同社のPassenger Cabin Experience Moduleを展開して、座席の故障やフードの問題などの客室状況の識別により、航空会社がさらにプロセスを拡大し、GuestLogixと共に、旅客の意識を機内販売施策に向けさせるカスタムマーケティングプランに取り組むことを可能にします。Sun Countryは、今年の末にOnTouch(R)を展開する予定です。

Sun Country Airlinesについて

Sun Country Airlines (MN Airlines, LLC, d.b.a. Sun Country Airlines)は、米国ミネソタ州セントポールに本拠があります。数々の受賞歴に輝くこの航空会社は、米国、メキシコおよびカリブ海の人気都市へのフライトを運航し、世界トップクラスのサービスを妥当な価格で提供していると高く評価されています。Sun Countryは、旅客への一流のサービス提供で有名で、Travel+Leisureでは5年連続、Conde Nast Travelersでは3年連続で、米国国内航空会社トップ10社にランク入りしています。詳しい情報は www.suncountry.com をご覧ください。

GuestLogixについて

GuestLogix Inc. (TSX: GXI)は機内販売関連の技術と商品化ソリューションの大手グローバルプロバイダで、航空会社や旅行会社が、自社のニーズやお客様の状況に合わせた機内小売環境を作成・管理・コントロールする支援をしています。GuestLogixには、全世界の航空会社から信頼される機内取引処理パートナーとして、10年間の経験があります。同社のグローバル本社と製品イノベーションセンターは、カナダのトロントにあり、地域本社は米国テキサス州ダラス(南北アメリカ本社)、英国ロンドン(EMEA本社)、香港(アジア太平洋本社)にあります。販売サポート事務所は、シンガポールにあります。物流センターは、トロント・ダラス・ロンドン・ソウルにあり、ソフトウェア開発センターはインドにあります。詳しい情報は www.guestlogix.com をご覧ください。

(C) 2012 GuestLogix.全版権所有。(R)OnTouchはGuestLogix Inc.の商標で、米国で登録されています。また、その他の国でも登録申請中または登録済みです。他のすべての商標および商標名は、それぞれの所有者の資産です。

将来予想に関する記述(Forward-Looking Statements)について

このニュースリリースには、現在の期待に基づいた特定の将来予想に関する記述(forward-looking statement)が含まれています。これらの記述には、GuestLogixが運営している事業や環境に関連したリスクと不確実性が伴います。この文書に含まれている記述のうち、過去の事実に関する記述以外はすべて、将来予想に関する記述と見なされます。それらは、同社やその経営陣が関連する範囲内で、「予測」「信じる」「計画」「推定」「期待」「意図」などの表現や、同等の表現により識別できます。将来予想に関する記述は過去の事実ではありませんが、将来の業績または出来事に関するGuestLogixの現在の期待を反映しています。将来予想に関する記述は、多くのリスクと不確実性の対象となっていますので、実際の結果または出来事が現在の期待から大幅に異なる可能性があります。これらの事項は、2012年7月16日に規制当局に提出された文書の「リスクと不確実性」に記載されています。GuestLogixは、将来予想に関する記述を更新する義務や、実際の結果が将来予想に関する記述に反映された内容と異なる場合がある理由について更新する義務を負いません。

お問い合わせ先:
メディアお問い合わせ先:GuestLogix Inc.
Ruth Morayniss
+1-416-987-7057
rmorayniss@guestlogix.com
www.guestlogix.com

IRお問い合わせ先:TMX Equicom
Kristen Dickson
+1-416-815-0700 ext. 273
kdickson@equicomgroup.com

GuestLogix Inc.





Source: GuestLogix Inc.Copyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング