シャープ、ロボット掃除機向け測距センサを開発、発売

JCN Newswire / 2012年9月12日 17時36分

障害物までの距離や床の段差の測定精度を従来機比6割向上

Osaka, Sept 12, 2012 - (JCN Newswire) - シャープは、ロボット掃除機向けに周囲の障害物までの距離や床の段差の測定精度を向上させるとともに、業界最小サイズを実現した測距センサを開発、発売します。

ロボット掃除機では、障害物の回避や、壁との平行移動、床の段差による落下防止のためなど、障害物までの距離を正確に測ることが求められています。

本デバイスは、受光部にCMOSイメージセンサを採用し、従来のフォトダイオードに比べて反射光の位置を検出する精度を高めました。これにより、距離の測定精度が従来機比6割向上(誤差±10%)するとともに、業界最小のパッケージサイズ<18.9×8.0×5.2(高さ)mm:当社従来機体積比約△40%>を実現しています。

簡単に制御回路に接続できるI2Cインターフェースを搭載したデジタル出力タイプに加え、アナログ出力タイプもラインアップ、ロボット掃除機の幅広い製品設計に対応します。

品名: 測距センサ
形名: GP2Y0E02B/GP2Y0E02A
出力タイプ: デジタル/アナログ
サンプル価格(税込み): 600円
サンプル出荷: 2012年10月26日
量産時期: 2012年11月30日
月産個数: 計100千個

■ 主な特長
1.距離測定の精度を従来機比6割向上(誤差±10%)
2.業界最小サイズ<18.9×8.0×5.2(高さ)mm>を実現
3.業界初※3、制御回路への接続が容易なI2Cインターフェースを搭載(GP2Y0E02B)

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/120912-a.html

シャープ株式会社

詳細は www.sharp.co.jp をご覧ください。



Source: シャープ株式会社Copyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング