マイルストーン:冶金試験作業により、東マレーシアのバウ金鉱のJugan Hillの実行可能性を実証

JCN Newswire / 2012年9月12日 14時7分

TORONTO, ONTARIO, Sept 12, 2012 - (JCN Newswire) - Olympus Pacific Minerals Inc., (TSX:OYM)(ASX:OYM)(OTCQX:OLYMF)(FRANKFURT:OP6)

東マレーシアのセントラルバウは、確立したNI 43101/JORC*金資源のある歴史ある大規模な金鉱です。現在Olympusは、プロジェクトの83%をコントロールしており、今後2年間に93%まで増大する予定です。過去数か月でOlympus Pacificのチームは、フィージビリティスタディの一環としてバウ金鉱のJugan Hill鉱床**で冶金試験を行ってきました。調査は2013年に完了予定です。Jugan Hillは、当初の予想より大きくなる見込みです。この鉱床は地所内にある複数の金鉱脈のひとつで、包括的な冶金試験が初めて実施される場所です。同社は、フェーズ1の結果に喜んでいます。

*M&I 913,500 oz Au (17,050,800トン @ 1.67 g/t Au) 予測2,108,100 oz Au (50,062,000 トン @1.31 g/t Au)
**158,500 oz Au 精測 ( 3,425,000トン @ 1.44g/t Au), 500,600 oz Au 概則 ( 10,259,000トン @ 1.52g/t)

フェーズ1冶金試験の結果
- 圧力酸化の可能性合計は金回収98%
- アルビオンの可能性合計は金回収92%
- 浮選回収最大95%

注:浮選精鉱は、回収率の算出に使用されました

セントラルバウは、世界最大の金産出地域のひとつである米国ネバダ州北部のカーリン地域と同等であると知られています。「我々の初期の課題は、この金鉱の鉱石の型には、どのプロセスが最適かを学ぶことですが、今回の試験では我々の理論が確認され、非常に力づけられました。」カーリンと同様に、バウには難処理鉱と非難処理鉱の両方が混在しており、Olympusはフィージビリティスタディを進める過程で、回収率を最大化し、コストを最小化するプロセスを選定することに関心を持っています。「まだ早期ですが、最初の結果は明白だと考えています。潜在的な90~98%の酸化回収率は、すべての人の期待にかなう良い結果です。」John Seton (CEO)はまた、次のように述べています。「難処理鉱複合岩体がJugan Hillの開発の妨げになると感じていましたので、今回の試験結果はバウ・プロジェクトにとって大きなメリットとなるでしょう。今回の結果では業界標準またはそれ以上と判明しましたので、憂慮されていたほどの問題はありません。アルビオンと圧力酸化の両方が、有効なプロセスであると実証されました。」

OYMは、オーストラリアのパースにあるSGS研究所と提携しました。同研究所では、Jugan Hill鉱床の冶金試錐孔から取得した平均品位2.7g/t Auに対して、約半トンのコアサンプルの粉砕および浮選試験を実施しました。

浮選精鉱の半分は、圧力酸化試験3種とシアン化金抽出の官僚に使用されました。残りの浮選精鉱は<オーストラリアのブリスベンにあるCore Technologies/HrlTestingに送られました。そこでは浮選精鉱はIsaMill微粉砕とアルビオン浸出試験の対象となり、その後にCIL金抽出が実施されました。

重要な事実 - フェーズ1

粉砕の結果
- ボールミルとロッドミルのボンド作業指数は平均です
- 摩滅指数は非常に低く、鉱石はSAGミルの優良候補です

浮選結果:
- より粗い浮選により、金の95%を回収できる可能性があります

浮選精鉱の圧力酸化の結果
- 比較的低温の180度での圧力酸化を使った金回収は98%

浮選精鉱のアルビオン回収の結果
- アルビオン処理を使った金回収は92%

フェーズ2

フェーズ2でOlympusは、最適化された粉砕および浮選試験作業のために、1.2g/t Auから4.4 g/t Auまでの各種品位の試錐孔サンプルをCore Technologies/HrlTestingにさらに送ります。

同研究所では、浮選精鉱の半分に対して、最適化されたアルビオン試験作業を開始します。残り半分には、SGSで圧力酸化試験作業を実施します。

同時に、フィージビリティスタディの進行にあたって、解毒試験と環境試験の他に、試薬消費および設備の規模決定も実行します。

Olympusは、多角的金産出および探鉱会社で、東マレーシアとベトナムに中核的資産3か所を持ち、フィリピン北部で探鉱プロジェクトを実施しています。同社は、ベトナム中央部に操業中の金鉱2か所を持ち、現行生産から運用キャッシュを生成します。バウ金鉱は現在、確立したN1 43-101/JORC資源があり、実現可能性があります。第4四半期のCY2012の同社の現行掘削プログラムの結果で、さらに増える見込みです。

Olympus Pacific Minerals Inc.

John A.G.Seton、最高経営責任者

このプレスリリースの技術情報は、大洋州鉱業冶金学会(AusIMM)のメンバーのひとりであるRod Murfittの監督の下で準備されました。同氏は、「大洋州試掘結果、金属資源および埋蔵鉱量報告法」2004年版で定義された「有資格者」であり、「National Instrument 43-101 - カナダ証券管理局金属プロジェクト情報公開基準」で定義された「有資格者」です。Murfittは同社のフルタイムコンサルタントで、National Instrument 43-101の意義の範囲内で「独立系」ではありません。Murfittは、この技術情報に関するプレスリリース内で記述されているとおりの形式で、言及されることに同意しています。

将来予想に関する記述(Forward-Looking Statements)についての注意書

本書内の特定の記述と情報は、該当する証券法の意義の範囲内で「将来予想に関する情報」です。これには、生産中の鉱山と探鉱プロジェクトの計画に関する記述などが含まれ、既知または未知のリスクや不確実性など、同社の実際の結果、業績または達成内容や、業界の結果などが、これらの将来予想に関する情報に明示または暗示された将来の結果、業績または達成内容と大幅に異なる原因となり得る要因が含まれます。将来予想に関する情報は、実際の出来事や結果が、将来予想に関する情報に反映された内容と異なる原因となり得るさまざまなリスクと不確実性の対象となります。これらのリスクと不確実性には、以下のものが含まれますが、それに限定されるものではありません。推定埋蔵量の確立または埋蔵量から採掘可能埋蔵量への変換。推定量と異なる採掘された鉱石の品位と回復量。推定量と大幅に異なる資本および運用コスト。必要な政府認可や環境認可または他のプロジェクトの認可の取得の遅れまたは取得の失敗。環境ファクタ、ロイヤルティ、課税または海外投資に関する国内または自治体の法令または規制の変更。政治または経済の不安定性。テロリズム。インフレ。通貨為替レートの変更。コモディティ価格の変動。プロジェクト開発の遅れ。試掘と開発プログラムの設計と実行に必要な知識とスキルを持つ人員の不足。掘削や他の試掘と開発サービスの契約締結の困難さ。プログラムの資金調達と金属資産の維持と開発のための株式市場融資への依存。特定の申し立ての有効性の決定の困難さによる資源資産の権原関連のリスク。その他、同社により発表された各経営陣の討論と分析で記述されたリスクと不確実性。さらに、将来予想に関する情報は、さまざまな仮説に基づいています。この仮説には以下のものが含まれますが、それに限定されるわけではありません。経営陣の期待と信念。長期的な推定金価格。認可と地表権の利用可能性。融資、設備および労働力へのアクセス。同社が操業している裁判所管轄区域での政治環境が、環境に安全な鉱業プロジェクトの開発を支援し続けること。このようなリスクまたは不確実性の一つまたは複数が現実のものとなった場合、または基本的な仮説が正しくないと判明した場合、実際の結果は、将来予想に関する記述の説明と大幅に異なることがあります。これらの将来の見通しに関する声明は、この文書の日付時点の情報のみを記載していますので、お読みになる際は過大な信頼を置かないようにご注意ください。該当する証券法で必要とされている場合を除き、同社は、新しい情報、今後の出来事、その他のことについても、将来予想に関する記述を公式に更新する義務を負いません。

お問合せ先
Olympus Pacific Minerals Inc.
投資家向け広報担当VP James W. Hamilton
+1-416-572-2525
TF:+1-888-902-5522 または TF:+61 800-308-602 (オーストラリア)
+1-416-572-4202
ir@olympuspacific.com
www.olympuspacific.com

Olympus Pacific Minerals Inc.





Source: Olympus Pacific Minerals Inc.Copyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング