Kenty Gold Propertyによる地表サンプリング分析結果

JCN Newswire / 2012年11月6日 13時57分

OAKVILLE, ONTARIO, Nov 6, 2012 - (JCN Newswire) - Joshua Gold Resources Inc. (JGRI)は、2012年10月15日にカナダのオンタリオ州北部Swayze TownshipにあるKenty Gold Propertyで、CEOのBenjamin Wardと、資格者のWarren Hawkinsによる最初の現地訪問が完了したことを発表します。訪問中にシャフトNo. 1とシャフトNo. 2のエリアの石英脈の鉱石破片と尾鉱の物質からサンプルが収集されました。また、シャフトNo.1の約150メートル北にある地表に露出した2つの炭化石英鉱脈系からも2つの異なるグラブサンプルが収集されました。サンプル結果は次のとおりです。


------------------------------------------------------------------------
サンプル サンプル 分析 分析
No. 説明 重量(kg) (g/t Au) (oz/t Au)
------------------------------------------------------------------------
2736 鉱石破片/尾鉱パイル - シャフト 5.86 10.10 0.32
No. 1
------------------------------------------------------------------------
2737 鉱石破片/尾鉱パイル - シャフト 3.24 9.37 0.30
No. 1
------------------------------------------------------------------------
2738 石英脈150 m N - シャフトNo. 7.30 0.79 0.03
1
------------------------------------------------------------------------
2739 石英脈160 m N - シャフトNo. 6.87 14.40 0.46
1
------------------------------------------------------------------------
2740 石英脈175 m NW - シャフトNo. 2.53 0.93 0.03
1
------------------------------------------------------------------------
2741 鉱石破片/尾鉱パイル - シャフト 6.84 393.00 12.64
No. 2
------------------------------------------------------------------------
2742 鉱石破片/尾鉱パイル - シャフト 4.34 7.17 0.23
No. 2
------------------------------------------------------------------------

オンタリオ州ミシサガのAgat Laboratoriesは、ファイアアッセイにより、ICP-OES仕上げによるサンプル分析を実施しました。

炭化石英鉱脈は2~4メートルの幅で、トルマリン、アンケライト、反射赤鉄鉱などと、5~10%の黄鉄鉱鉱化帯を含んでいます。これらの露出鉱脈は100メートル以上走向していると推定されています。これらの鉱脈の母岩の変質火山岩は多くの箇所で赤鉄鉱化と黄鉄鉱化をしていました。

Kenty金鉱山の買収

この地所は、オンタリオ州北部のSwayze緑色岩帯内にあります。これは多くの金鉱床の含まれている始生代変質火山岩、変堆積岩、珪長質岩の貫入の一連のインターカレーションです。現在までに21か所の顕著な金含有炭化石英脈が地所で発見されていますか、8か所はまだ採鉱されたことがありません。鉱脈は単一または網状鉱脈で、平均1~1.5メートルの幅です。過去のレポートでは、素粒子が高品位ポッドで不規則に濃縮された際に、粗粒鉱脈で金が発生していることを示しています。鉱脈物質についての1946年のオンタリオ州鉱業省分析認定の範囲は、0.40~117.70オンス/トンの金となっています。

地所の過去のレポートは、Kenty兄弟が1930年にここで金を発見した時にまで遡ります。500フィート以上のシャフト2本は、1930年代に、幅広い坑道開削、立入坑道屈側、スロープ作成、試掘、5トンの砕鉱機の運用開始の後で、地所内に掘られました。

1947~1949年から、Erndale Mines Limited (Erndale)は、地表から再度をサンプル採取し、No.1シャフトから排水し、地下サンプリングを実施し、地下375フィートから引き上げました。500ポンドの鉱脈物質の大量サンプルには、優れた冶金回復率の価値の高い高品位の金が含まれています。 Erndaleは100トンの砕鉱機を地所内に建設しましたが、産出記録は入手できませんでした。

1980年代に他のグループ2社が、ダイヤモンド試掘、ストリッピング、地表および地下のサンプリングなど、地所内で幅広い探鉱作業を行いました。この目的は地所内の新しい高品位炭化石英脈系の探掘のようです。1980年代後半以降は、地所内で意味のある探鉱作業は行われなかったようです。

高品位鉱脈鉱化帯の探掘が、地所内の過去の探鉱作業に主な重点を置いていました。JGRI経営陣は過去のサンプリング記録を検討し、高品位鉱脈の周辺の母岩の変質ハローに金鉱化帯があることを発見しました。地所内の金鉱化帯の実際の幅は、過去の探鉱記録が発見したものよりもかなり幅広い可能性があるという結果になりました。さらに、地所内の大量の金埋蔵量の開発は、JGRI経営陣の主要な探鉱重点項目となりました。

Joshua Gold Resources Inc.について

Joshua Gold Resources Inc.は、カナダにある鉱業資産の買収と進行のために、現在探鉱事業を行っています。また、積極的に東南アジアの地所を探しています。

JGRIは、これらの初期結果に満足しており、地所には非常に価値の高い資産となる可能性があると考えています。

Joshua Gold Resources Inc.取締役会代理

Benjamin A. Ward、社長兼最高経営責任者

Warren Hawkins (P.Eng)は独立系地質学技術者で、National Instrument 43-101の意義の範囲内の「資格者」です。彼はこのニュースリリースに含まれている技術情報をレビューしており、内容に責任を持ちます。

将来予想に関する記述(Forward-Looking Statements)についての注意書

セーフハーバー条項:

このプレスリリースには、1995年の米国私募証券訴訟改革法(同法)の意義の範囲内で、将来予想に関する記述(Forward-looking statement)が含まれています。特にディスカッションを進める際に使用する「満足」「計画」「信ずる」「考える」「期待」「意図」や他の同様な条件の表現は、同法の意義の範囲内で将来予想に関する記述を示すものであり、同法で作られたセーフハーバーの対象となります。これらの記述には、リスクと不確実性の対象となり、将来予想に関する記述に明示されている内容と大きく異なる場合があります。このようなリスクと不確実性には、市場状況、競合ファクター、追加のリスクを成功裏に完了する能力、金融など、同社のSECへの報告書や発見に記述されているリスクが含まれています。

お問合せ情報
お問い合わせ先:
Joshua Gold Resources Inc.
Merle Goertz
広報
+1-877-354-9991
mgoertz@joshuagoldresources.com
www.joshuagoldresources.com

Joshua Gold Resources Inc.





Source: Joshua Gold Resources Inc.Copyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング