グルドフォス社:新ポンプが数百万ドルの節約に

JCN Newswire / 2012年11月7日 20時9分

グルドフォス社製のポンプと技術でラウリッツェン・バルカー社に向けて航海するダーバン・バルカー(船名)に驚愕のエネルギー削減

Tokyo, Nov 7, 2012 - (JCN Newswire) - 将来、船のエネルギー消費の削減が可能だと見込まれている。これはラウリッツェン・バルカー社とグルドフォス社の実験プロジェクトにより判明した事実である。このプロジェクトはダーバン・バルカー(船名)に燃料を削減する方法を発見することをフォーカスして実行された。

ビジネス開発マネージャー、グルドフィン社のマネージャーは次のように述べる。「船は多くのポンプを積んでいます。多くの場合、ポンプのサイズはその目的にしては大き過ぎてパワーを過剰消費しています。何よりもポンプは常にフルパワーで作動しているのです。私たちはデュラン・バルカーにエネルギー監査を実施しました。そして適切なシステムを用いることで、大量のエネルギーを節約する事に成功しました」

彼はデュラン・バルカーにおけるエネルギー節約は年間約3.5万ドルで、大型コンテナー船になると年間約50万ドルの節約ができると算定している。

海上のポンプ監査

デュラン・バルカーの場合、監査の焦点は船のエンジン冷却のための消費エネルギーだった。以前は、電気でポンプ等の電力装置を作動し、ディーゼルで電気を発電していた。エンジンは海水をポンプで取り入れて冷却するのだが、水温の変化に応じて調節はされていなかった。

低温の海水で航海中の船のエネルギー削減の可能性が考慮されてこなかったのである。そこでグルドフスのシステムがエネルギー消費を削減した。船のエンジンが低速で作動中にはエンジンのエネルギー効率が向上するのだ。

「私たちは、長い間エネルギー消費の削減に焦点を当ててきましたが、これほど大きな削減ができると判明した時にはとても驚きました。現在、私たちはグルドフスの解決策でエネルギー消費を劇的に削減することが可能です。私の予測では、船のポンプに関しては平均30-50%のエネルギーを節約できるでしょう。」と、ラウリッツェン・バルカー社、技術最高責任者、ゾーレン・ロシュマン氏は述べた。さらに「このプロジェクトは船舶会社に船のエネルギー削減の研究に拍車をかけました。」と付け加えた。

同じものは一つとしてない

ゾーレン・ロシュマン氏はラウリッツェン・バルカー社が現時点ですでに多くの船にそのシステムを導入する予定であると説明する。彼はグルドフス社のケース別に取り組む能力に楽しみを感じている。

彼は続けて述べる。「船は一つ一つ異なります。そのため、グルドフォス社は各船に合うように解決策を調節できる事が大切です」

グルドフォス社はこのマーケットに継続して取り組むことを考えています。

キム・キルケゴール氏はこう述べる。「およそ6万隻が航海をしていて、それらのほとんどにエネルギー効率を改善する余地があるという事実は、私たちにとって非常に興味深いです。それに加え、毎年新しい2千隻の船が製造されています。それらの船にはポンプが1つだけでなく大量に必要です。またそれらにエネルギー削減だけでなく、ビジネスにという観点でも大きな潜在能力があるのです。」


This announcement is distributed by Thomson Reuters on behalf of Thomson Reuters clients.

The owner of this announcement warrants that:
(i) the releases contained herein are protected by copyright and other applicable laws; and
(ii) they are solely responsible for the content, accuracy and originality of the information contained therein.

Source: Grundfos via Thomson Reuters ONE

Grundfos





Source: GrundfosCopyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング