トヨタとマツダ、メキシコでの生産について合意

JCN Newswire / 2012年11月9日 17時20分

Toyota City, Nov 9, 2012 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ、本社:愛知県豊田市、代表取締役社長:豊田章男)とマツダ株式会社(以下、マツダ、本社:広島県安芸郡、代表取締役会長社長兼 CEO:山内孝)は、マツダのメキシコ新工場で、トヨタの北米向けを中心とした車両を生産することについて合意しました。

今回の合意により、トヨタは、北米などにおける商品ラインナップの強化を、マツダは、メキシコ新工場の生産台数増加による生産効率の向上や収益への貢献を目指します。

具体的には、2013 年度に稼動予定のマツダのメキシコ新工場において、2015 年夏頃から、「Mazda2(日本名:マツダデミオ)」をベースとしたトヨタブランドの小型車を年間5 万台程度生産し、トヨタの販売店を通じて販売します。

同車両の生産にあたり、トヨタは、能力増強分の設備投資および開発費用について、応分を拠出します。

<ご参考>マツダメキシコ新工場概要(2011 年6 月 マツダ公表時点)

会社名: Mazda Motor Manufacturing de Mexico S.A. de C.V.
所在地: メキシコ合衆国 グアナファト州 サラマンカ市
生産車種: Mazda2(日本名:マツダデミオ)、Mazda3(日本名:マツダアクセラ)
生産能力: 年間 約14 万台
従業員数: 約 3,000 人

トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。



Source: トヨタ自動車株式会社Copyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング