ホンダ、アキュラ新型「RLX」を2012年ロサンゼルスオートショーで発表

JCN Newswire / 2012年11月29日 18時39分

Tokyo, Nov 29, 2012 - (JCN Newswire) - Hondaの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーター(本社:カリフォルニア州トーランス 社長:岩村 哲夫)は、2012年11月28日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

<ご参考>

Hondaは、2012年ロサンゼルスオートショー(プレスデー:2012年11月28日から29日、一般公開日:11月30日から12月9日)において、ラグジュアリーフラッグシップセダンのアキュラ新型「RLX」の量産モデルを発表しました。新開発の3.5L直噴SOHC i-VTEC V型6気筒エンジンや高い旋回性と安定性を両立した世界初のPrecision All-Wheel Steer(プレシジョン・オール・ホイール・ステア)を搭載するなど、多くの先進技術の採用により、高い操作性能と快適性を追求しました。新型RLXは全米で2013年春より販売します。

■アキュラ新型RLXの主な特徴

- 新開発の3.5L直噴SOHC i-VTEC V型6気筒エンジンの搭載により、高出力と低燃費を両立。310馬力の最大出力と272lb.-ft.の最大トルクを実現しながら、さらに状況に応じて使用気筒数を6気筒と3気筒に切り替える可変シリンダーシステム(VCM)の採用により、20/31/24mpg※1の燃費を達成しています。

- 世界初のPrecision All-Wheel Steerを採用。リアサスペンション内に左・右独立のリア・トー制御システムを搭載し、リア・トーを最適にコントロールすることにより、幅広いシーンで高い旋回性能と安定した制動を実現しました。さらにサスペンションも一新し、ダブルジョイント・ロアアームのフロントサスペンションや2つのピストンバルブを内蔵したダンパーが路面からの入力を最適化することで、フラッグシップセダンにふさわしい高い操縦安定性と上質な乗り心地を実現しています。

- エクステリアにはジュエルアイ(Jewel EyeTM)LEDヘッドライトを採用。LEDライトが点灯時と非点灯時ともに宝石のようにキラキラと輝く特徴的なデザインと、高い視認性や広い照射範囲をあわせ持っています。

- インテリアには上質でやわらかな素材や木目を各部に用いて、スマートで洗練された上質な空間を表現しました。また、8インチのナビスクリーンに加え、空調やオーディオなどを一画面で直感的に操作できる7インチのタッチパネルスクリーン(On-Demand Multi-Use DisplayTM)を採用。さらに、高級オーディオメーカー「KRELL」のプレミアムサウンドシステム※2を採用することで、快適な操作性と使い心地を実現しています。

- このほか、低速追従機能付きアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)やレーンキープアシストシステム(LKAS)などの先進安全装備に加え、次世代アキュラリンクなど多くの先進技術を搭載しています。

なお、SPORT HYBRID SH-AWD(スポーツ・ハイブリッド・スーパー・ハンドリング・オール・ホイール・ドライブ)を搭載したモデルは2013年後半に発売する予定です。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hondanews.info/news/ja/auto/4121129

※1 米国環境保護庁(EPA)認定値(city/highway/combined)
※2 KRELLオーディオ・アドバンスグレードに装備

本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。



Source: 本田技研工業株式会社Copyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング