三菱商事、チリ国にて発電事業に初参画

JCN Newswire / 2012年11月30日 17時42分

Tokyo, Nov 30, 2012 - (JCN Newswire) - 三菱商事株式会社(以下、当社)は、電力事業の拡大と長期安定的な収益基盤の確立を目指し、チリ国北部の第II州メヒジョネス郊外に建設される「コクラン石炭火力発電所」(発電容量47.2万キロワット)の持分40%を取得し、日本の総合商社としては南米で初めて発電事業に参画致します。

本事業は、在チリ電力事業会社であるAES Gener社(以下、ヘネル社)60%/当社40%でパートナーシップを組み、総事業費約1,100億円を投じ23.6万キロワットの石炭火力発電設備を2基建設するものです。2013年第1四半期に着工し、商業運転を2016年第1四半期に開始する予定です。本発電所で生み出す電力は、チリ国の銅鉱山等に供給することを予定しており、チリ国の基幹産業である鉱山事業を支える原動力となることが期待されております。尚、本件石炭火力発電所は環境設備の設置により、現地の環境規制値並びに世界銀行の環境基準を満たすよう設計されております。

チリ国は、輸出収入総額の約65%を銅鉱石輸出収入が占める世界最大の銅生産国であり、今後も堅調な銅市況を背景に多くの新規銅山開発および拡張が計画されています。これら銅山やリチウム資源の開発を支える電力を確保するため、チリ国では引き続き多数の新規電源が必要とされていますの、当社は本件への参画を契機に、同国の電力供給の一端を担うことを目指します。

当社は、1960年のチリ国現地法人(智利三菱商事会社)設立以来、鉱山事業に加え、海水淡水化事業、自動車/エレベーター販売事業、資材関連事業、鮭鱒の養殖事業等への投資を行って参りました。今後、これらの事業を通じて、チリ国の経済発展に貢献して参ります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/pr/archive/2012/html/0000017804.html

三菱商事株式会社

詳細は www.mitsubishicorp.com をご参照ください。



Source: 三菱商事株式会社Copyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング