シャープ、産業用太陽電池モジュール2機種を発売

JCN Newswire / 2012年12月4日 18時20分

高出力とシステム電圧1,000Vに対応し、発電量アップと周辺機器の低減を実現

Osaka, Dec 4, 2012 - (JCN Newswire) - シャープは、需要が拡大している国内産業用向けの高出力モデルとして、単結晶太陽電池モジュール<NU-250KA>と多結晶太陽電池モジュール<ND-300CA>の2機種を発売します。

<NU-250KA>は単結晶セルを採用し、従来機※1に比べてモジュール変換効率を約5%向上させ、15.3%の高効率を実現しました。限られた面積の土地や工場、ビルの屋上などで、より多くの設置容量が確保できる高出力モデルとして提案します。

<ND-300CA>は、セルの電極を細くすることで光を電気に変換する面積を増やすなど、セルの高効率化を実施。従来機※2に比べてモジュール最大出力を約3%向上させ、300Wの高出力を実現しました。メガソーラーなど大規模システムを設置する際に、モジュール台数を減らすことで設置コストの削減が図れます。

また、両機とも、最大1,000Vまでのシステム電圧に対応し、送電時の電力ロスを低減させるとともに、より多くのモジュールを直列に接続することで、接続箱※3やケーブルなどの周辺機器の削減が図れます。

当社は、今後も産業用太陽光発電システムのラインアップを拡充し、太陽光発電のさらなる普及拡大を目指して参ります。

■ 主な特長

1.<NU-250KA>は15.3%のモジュール変換効率を実現、限られた面積でもより多くの設置容量を確保
2.<ND-300CA>は300Wの高出力を実現、メガソーラーなど大規模システムで設置コストの削減が可能

品名: 産業用単結晶太陽電池モジュール 産業用多結晶太陽電池モジュール
形名: NU-250KA/ND-300CA
公称最大出力: 250W/300W
希望小売価格: オープン
発売日: 1月21日
月産台数: 30,000台/3,000台

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/121204-a.html

※1 従来機<ND-240CA>はモジュール変換効率14.6%、新機種<NU-250KA>はモジュール変換効率15.3%
※2 従来機<ND-290CA>はモジュール変換効率14.8%、新機種<ND-300CA>はモジュール変換効率15.3%
※3 太陽電池の複数系統を1つの系統にまとめパワーコンディショナに入力させる機器

シャープ株式会社

詳細は www.sharp.co.jp をご覧ください。



Source: シャープ株式会社Copyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング