三菱重工、わが国初の総合交通システム検証施設「MIHARA試験センター」を建設

JCN Newswire / 2012年12月14日 17時9分

海外向け都市交通インフラ輸出に向けて 施設を広く開放

Tokyo, Dec 13, 2012 - (JCN Newswire) - 三菱重工業は、三原製作所 和田沖工場(広島県三原市)内に約3.2kmの鉄道軌道用の周回コースを持つわが国初の総合交通システム検証施設「MIHARA(Multipurpose Integrated Highly-Advanced Railway Applications)試験センター」を建設する。都市交通インフラ輸出に向けて国際規格への対応に主眼を置いたグローバル仕様の試験センターで、運用開始は2014年上期。他の企業や官民団体も広く利用可能な運営を検討する方針で、将来的には、スマートコミュニティ分野の総合試験やデモが実施できる環境を整備していく。

MIHARA試験センターの建設は、日本のインフラ輸出戦略の柱の一つである鉄道システムの競争力強化をはかるのが狙い。国際規格への適合性評価や製品開発のための強力な支援ツールとして活用するとともに、“日本モデル”として評価の高い保守・運用を含めたソフト面の一層の充実にも役立てる。

和田沖工場にはすでに鉄輪用の試験線のほか、新交通システム(APM)や磁気浮上システム(HSST)用の試験線が設置されているが、今回の試験センターの建設ではこれらを大きく拡張。既存線の約5倍に相当する周回軌道を導入して、最高速度毎時100 kmでの車両性能や曲線部での騒音試験、さらには連続運転による各種試験などを実施できる環境を整備するほか、車両、信号、通信、運行管理などを総合的に試験できる各種設備を構築する。

起工式は2013年3月。第一期工事は約1年5ヵ月かけて竣工、その後、さらに施設を拡充する第二期工事に入る。

世界の鉄道システム市場は活況を呈しているが、新興国の台頭により競争が激化している。また、昨今、高機能な信号・運行管理や都市域の複雑な路線配置への対応が要求され、それらに対応する高いインテグレーション力が受注のカギを握る傾向にある。この分野における日本の技術力は世界的にも優れているが、国際規格への対応などの点で、この技術力に見あう競争力を発揮できていない状況にある。今回の検証施設建設は、このような市場動向と競争力強化を睨んだもの。

鉄道技術は、各種の要素技術や製品を担当する数多くの企業の技術力を結集した総合力がカギとなり、日本企業全体の底上げが競争力の源泉となるため、この検証施設は当社のみならず広く利用可能とする方針。そのため、公平性、機密性、公共性の観点から関連団体や企業などによる委員会で評価や運営方法などを検討する。すでに複数の関係機関が協力を表明しており、これにより、日本連合一体となった競争力強化をはかっていく。

当社は、この開かれた検証施設の建設を、インテグレーターたる当社の国際競争力強化に繋げるとともに、今後も、この分野のリーディング・カンパニーとしての役割を果たしつつ、優れたわが国鉄道システムの海外へのアピールを強力に推進していく。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.mhi.co.jp/news/story/1212135297.html

三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。



Source: 三菱重工業株式会社Copyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング