airBaltic、最大20機のCSeries旅客機の正式発注に署名

JCN Newswire / 2012年12月24日 11時51分

ラトビアの航空会社が、既存のQ400 NextGen航空機の機材にCS300ジェット旅客機を追加購入し、機材のすべてをBombardierジェット旅客機で統一; 動画は http://youtu.be/KNh-L8ZKAEM にあります

TORONTO, ONTARIO, Dec 24, 2012 - (JCN Newswire) - Bombardier Aerospaceは、airBaltic社が最新型Bombardier CS300旅客機を購入する正式発注契約に署名したことを本日発表しました。ラトビアのリガに本拠を置くこの航空会社は、さらに10機のCS300航空機の購入権を持っています。今回の購買契約は、2012年7月10日にファーンバラ航空ショーで発表されたLOI (関心表明書)を正式発注に変換するものです。LOIにはさらに追加10機のCS300航空機の購入権も含まれていました。

CS300旅客機の定価に基づいて計算した正式発注契約価格は、約7.64億米ドルで、10機のオプションすべてが正式発注に切り替えられた場合には15.7億米ドルに上ります。

「効率のよい最新型機材は、航空事業の基盤となるもののひとつであり、今回の発注は弊社にとって積極的な前進です。既存機種および再設計された機種を詳細に分析し、Bombardierの最新型CSeries航空機で提供される新技術も検討したところ、非常に明確な結果が出ましたので、弊社はCSeries旅客機を選択しました。」と、airBaltic社最高経営責任者のMartin Gaussは述べました。「今年、我々は『ReShape』ビジネスプランを発表しました。このプランでは、旧機種を交換し、すべてBombardier機で統一した機材で『さらにグリーンなフライト』へと移行することが必要でした。機材には今後徐々に、Q400 NextGen航空機と最新型CSeries航空機を追加していく予定です。C300旅客機とQ400 NextGenターボプロップは、各クラスでもっとも効率のよい航空機であり、airBaltic社の路線網を最適化します。また、同機の性能、経済性、環境面でのメリット、乗り心地の良さは、弊社の『ReShape』ビジネスプランに非常に適しています。」

「世界でも特に革新的な航空会社として知られるairBalticは、比類ない技術、運航柔軟性、効率に対する需要の高まりとニーズを実証しています。」と、Bombardier Commercial Aircraft社長のMike Arcamoneは述べました。「airBaltic社が、新施策を実装し、旅客の乗り心地をレベルアップし、さらに環境にやさしいフライトを実現するために、Q400 NextGenターボプロップ8機からなる機材をCSeries航空機で補完してくださることを、光栄に感じています。」

CSeries航空機

完全に一新されたCSeries航空機ファミリーは、成長の著しい100~149座席型の市場向けに設計されており、2013年以降の商用航空機の要件に対応するために、先進的な素材と、最先端の技術と実績ある手法を組み合わせています。Pratt & Whitney PurePower PW1500Gエンジンを搭載したCSeries航空機には、運用費で15%(i)、燃費効率で20%(i)のメリットがあります。CSeries航空機ファミリーは、徹底的に一から設計されていますので、同機は騒音と排ガス量を大幅な削減を達成します。運航柔軟性も非常に高く、飛行場関連の性能にも優れ、航続可能距離は2,950 nm (5,463 km)です。(i)CSeries航空機の重量は、同じ座席カテゴリーの他の航空機より最大12,000ポンド(5,443 kg) (i) 軽くなる予定で、単一通路型航空機でありながら、ワイドボディ並みのクラス最高の客室環境を乗客に提供しています。

2012年9月30日現在、Bombardierは、CSeries航空機352機の発注とコミットメントを受けており、そのうち138機がCSeries航空機の正式発注です。

CSeries航空機プログラムをご採用くださった14社のうち、10社は正式発注で、大手航空会社、フラッグキャリア、一流航空会社、格安航空会社、リース会社、航空機パートナー向けフルサービスプロバイダなどがあります。

airBalticについて

airBalticは本拠地であるラトビアのリガから60都市へ直行便を運航しており、ヨーロッパ、スカンジナビア、ロシア、CISおよび中東行きの路線に、便利な乗り継ぎを提供しています。

Bombardierについて

Bombardierは、航空機と列車を扱う世界で唯一のメーカーです。Bombardierは、現在のサービス提供をしながら未来を見つめ、どんな場所でも効率的で持続可能で、楽しい交通を求めるニーズに応えることで、全世界の移動手段を進化させています。弊社は車両・航空機やサービス、そしてとりわけ従業員により、世界の交通をリードしています。

Bombardierの本社は、カナダ、モントリオールにあります。弊社の株はトロント証券取引所(BBD)で取引されており、Dow Jones Sustainability Worldと北米インデックスにも上場しています。2011年12月31日締め会計年度の売上高は、183億米ドルでした。ニュースと情報はbombardier.comからご覧いただくか、Twitter @Bombardierをフォローしてください。

編集者向け注記

-- airBalticの塗装を施したCS300航空機の画像は www.bombardier.com に本プレスリリースとともに掲載されています。動画は http://youtu.be/KNh-L8ZKAEM にあります。
-- CSeries航空機について詳しくは、 www.cseries.com をご覧ください。
-- Bombardier Aerospace社からの最新ニュースと情報はTwitterで @Bombardier_Aero をフォローしてください。
-- (i) CSeries航空機は設計段階です。すべてのデータと仕様は推定であり、航空機ファミリーの戦略、ブランド関連、容量、性能は、設計、製造、認定の過程で変更される場合があります。性能の推定は、北米で500-nmで運航した場合をもとに算出しています。
-- Bombardier、CS300、CSeries、NextGen、Q400およびThe Evolution of Mobilityは、Bombardier社とその子会社の登録商標です。

お問い合わせ先:
Marc Duchesne
Bombardier Commercial Aircraft
+1-416-375-3030
www.bombardier.com

Bombardier





Source: BombardierCopyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング