パナソニック、ライスブレッドクッカー「GOPAN SD-RBM1001」を発売

JCN Newswire / 2013年1月23日 17時17分

設置面積約25%カットのコンパクト化を実現、新・ミル構造でミル時の運転音を低減

Osaka, Jan 23, 2013 - (JCN Newswire) - コンシューマーマーケティングジャパン本部は、コンパクト化と運転音の低減を実現したライスブレッドクッカー「GOPAN(ゴパン)」SD-RBM1001を3月1日より発売します。

「GOPAN」は2010年11月の発売以降、「お米からパンが作れる」という新しいメニュー提案と、「お米の消費拡大に貢献できる」という社会的な視点から支持を受け、国内販売累計約30万台を達成。

一方で、ユーザーからは本体のコンパクト化、低騒音化、そしてお米食パンの更なる美味しさへの要望も高まっています(当社調べ)。

本製品は、業界で初めてインバーターモーターを搭載し、従来品比で設置面積約25%カット、質量約31%カットしたコンパクトな「GOPAN」です。加えて、新・ミル構造の採用で、ミル時の運転音の低減を実現し、設置性と使いやすさが向上しました。

また、新・加熱構造の採用と製パンプロセスの改良で、皮はパリッと中はふっくらしたお米食パンを実現しました。

さらに、「W自動投入容器」と「アレンジ生地コース」でレーズンなどの具材を入れたり、生地に具材を練り込んだお米食パンが作れます。

当社は、設置性と使いやすさを向上させた本製品により、さらなるお米の楽しみ方を提案します。

<特長>

1.コンパクト化と運転音の低減を実現し、設置性と使いやすさが向上
- 業界初インバーターモーター搭載で、設置面積約25%カットを実現
- 新・ミル構造の採用でミル時の運転音を低減。実感音(SONE値)で約63%低減
(運転音約60dB→約50dB、SONE値12.66→4.6)
2.製パンプロセスの改良と新・加熱構造の採用でふっくらしたお米食パンを実現
3.「W自動投入容器」・「アレンジ生地コース」でアレンジしたお米食パンが作れる

品名: ライスブレッドクッカー「GOPAN」
品番: SD-RBM1001
タイプ: 1斤タイプ
希望小売価格(税込): オープン価格
発売日: 3月1日
月産台数: 10,000台

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://panasonic.co.jp/index3.html

パナソニック株式会社

パナソニックは、部品から家庭用電子機器、電化製品、FA 機器、情報通信機器、および住宅関連機器等に至るまでの生産、販売、サービスを行う総合エレクトロニクスメーカーです。

パナソニックは、2018 年の創業100 周年に向けて、エレクトロニクスNo.1 の「環境革新企業」を目指します。全事業活動の基軸に「環境」を置き、世界中の次の世代の人たちのために、全世界で起こりつつある「グリーン革命」を、先頭に立って推進してまいります。

当社に関するさらなる情報は、 http://panasonic.co.jp をご覧下さい。



Source: パナソニック株式会社Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング