シャープ、60V型液晶ディスプレイを活用した最新の交通広告システムで歩行空間を演出

JCN Newswire / 2013年1月28日 18時10分

JR博多駅コンコースに、大規模サイネージシステムを納入

Osaka, Jan 28, 2013 - (JCN Newswire) - シャープは、薄型の60V型液晶ディスプレイを50台使用した大規模なサイネージシステムを、JR博多駅構内のメインコンコースに納入しました。

本システムは、本体の奥行を従来機に比べ60%以上※1スリム化した最新の液晶ディスプレイを採用。四方をガラスで囲われた26本の柱の内側に、液晶ディスプレイを吊り下げた状態で設置しています。

当社のコンテンツ配信/表示システム「e-Signage Pro(イー・サイネージ・プロ)」を活用し、液晶ディスプレイの設置場所や時間帯に応じて、表示内容を細かく切り替えることができます。

今後、博多駅を利用する多くのお客様に向けた情報発信に活用される予定です。

■「JR博多駅コンコース※2」サイネージシステム

納入システム:
- 60V型液晶ディスプレイ「PN-R603×50台」
- コンテンツ配信/表示システム「e-Signage Pro」

運用開始: 2013年1月28日

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/130128-a.html

※1 当社従来機(PN-E601: 2009年12月発売)との比較。PN-E601の奥行寸法: 112mm、PN-R603の奥行寸法: 39.4mm。
※2 システムなどの詳細については、JR九州エージェンシー(運用管理元)にお問い合わせください。

シャープ株式会社

詳細は www.sharp.co.jp をご覧ください。



Source: シャープ株式会社Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング