Tier 1通信事業者が、Dynamic Services戦略のためにOpenetを選択

JCN Newswire / 2013年1月31日 13時13分

継続的成長のための、Interaction Gatewayの本質を備えたポリシーおよび課金コントロール

Dublin, Ireland, Jan 31, 2013 - (JCN Newswire) - リアルタイムトランザクション管理ソフトウェアとサービスで世界をリードするOpenetは、Dynamic Services施策の実現のためにヨーロッパのTier 1モバイル事業者により採用されたことを、本日発表しました。Dynamic Servicesは、モバイルサービスの作成、表示、課金のためのソリューションを提供します。このアプローチは全世界の大手通信事業者を惹きつけています。

加入者により選ばれる付加価値サービスでベースサービスプランをより豊かにすることで、Dynamic Services戦略を実施する事業者は、ARPUの増大、利益率の成長、顧客満足度の向上を行ってきました。

「革新的な価格設定の拡張サービス提供は、小売の面だけでなく、ホールセールの面でも、ますます重要な通信事業者戦略として浮上してきています。」と、Openet CEOのNiall Nortonは述べました。「このような環境では、ダイアメータ管理またはポリシー管理の分野のみを専門にしているベンダの存在意義は小さくなる一方です。Dynamic Servicesは、顧客とサードパーティの参画、統合ポリシーと課金、最適化されたインフラなど、すべてを必要とします。」

Dynamic Services戦略のカギは、ポリシーと課金制御インフラで、サードパーティの参画を実現することです。OpenetのInteraction Gatewayは、この参画を活かして、加入者がサービスの表示と購入をできるようにし、コンテンツプロバイダがポリシーと課金機能へのアクセスを制御できるようにします。

ネットワーク事業者は、サービスの提供と支払のあり方を急速に進化させています。Dynamic Servicesを実現するための製品エコシステム全体の提供は、可能な限り最低の総所有コストで、市場アジリティを実現し、サービスイノベーションを成功裏に提供するために、Openetを採用する通信事業者がますます増えている理由です。

Openetについて詳しくは http://www.openet.com/ をご覧ください。

Openetについて

1998年にモバイルデータサービスを導入して以来、Openetはサービスプロバイダが機会を収益化し、課題を解決する支援を行ってきました。競争圧力がますます高まっている今日、サービスプロバイダが、スマートフォン、M2Mデバイス、サードパーティーサービスなどのネットワーキング関連のビジネスモデルを進化させていく上で、Openetソフトウェアは欠かせないものになっています。Openetのポートフォリオは、デバイスやサードパーティーインタラクションによりポリシーと課金制御を組み合わせて、運用コストを制御し、サービスをパーソナライズする革新的課金モデルを実現しています。28か国80社以上の世界最大手のサービスプロバイダがOpenetの高パフォーマンスソフトウェアを使用しています。さらに詳しい情報については、www.openet.com をご覧ください。

お問い合わせ先:
Barry Marron
Openet
+353 16 204662
Barry.Marron@openet.com

Jena Rossi
SHIFT Communications
+1-617-779-1878
openet@shiftcomm.com

Openet





Source: OpenetCopyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング