三菱重工、リチウムイオン二次電池搭載のポータブル電源“VOLTANK”を開発

JCN Newswire / 2013年2月21日 12時39分

BCP対策の非常用電源や野外電源などで活躍

Tokyo, Feb 21, 2013 - (JCN Newswire) - 三菱重工業は、リチウムイオン二次電池を搭載した小型ポータブル電源“VOLTANK” (ボルタンク)「ML500i」を自社開発、販売を開始しました。最大出力500Wまでの電気機器が使え、ノートパソコンなら15時間程度の使用が可能。また、可搬性、設置性に優れています。BCP(事業継続計画:Business Continuity Plan)対策用途の非常用電源や、野外イベント向けの電源など幅広い需要を掘り起こしていきます。

この小型ポータブル電源は、サイズが幅180×奥行き270×高さ400mmで、重さが約13kg。蓄電用リチウムイオン二次電池として、電力貯蔵向けに開発したエネルギー容量密度が高い「MLiX」を3セル搭載しています。実効容量は360Wh。自己放電が極めて少ない特性から、長時間放置していた場合でもいざという時に電源確保が可能です。安全面では、過充電防止機能をはじめ、各種安全機能を備えた設計としています。

一昨年3月に東日本大震災が発生して以降、企業のBCP対策として、情報機器などの非常用電源を確保することの重要性が強く指摘されるようになっていますが、大型の電源装置を複数台配置するには、多くの場合導入費用面で困難を伴います。この小型ポータブル電源は、こうした導入コスト問題を解消する切り札として開発されました。

製造・販売は、エンジン式ポータブル発電機の製造・販売も手掛けている当社100%出資子会社の三菱重工エンジンシステム株式会社(社長:小鯛志郎、本社:東京都品川区)が担当し、お客様の様々なニーズにきめ細かくに対応します。大型電源装置の導入が難しいケースのBCP対策用途を中心に、まず企業・法人向けに販売し、その後は一般向けにも拡大していく予定です。

なお、当社はこの小型ポータブル電源を、2月27日~3月1日に東京ビッグサイトで開催される「第4回[国際]二次電池展~バッテリージャパン2013~」に出展します。

■“VOLTANK”「ML500i」の主な仕様

入力電圧: AC100V
出力電圧: AC100V
最大出力: 500W
実効容量: 360Wh
周波数: 50/60Hz
充電時間: 約3時間(内蔵充電器)
サイズ(幅×奥行き×高さ): 180×270×400mm
重量: 約13kg 

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.mhi.co.jp/news/story/1302215321.html

三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。



Source: 三菱重工業株式会社Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング