ソニー、世界最薄・防水対応10.1インチ高精細・大画面液晶搭載Xperia(TM) Tablet Z Wi-Fiモデル発売

JCN Newswire / 2013年2月26日 17時19分

世界最薄※1、防水※2対応、ワンタッチ機能等を通じた他機器連携や独自のアプリケーションなどでリビングでの快適な利用を提案

Tokyo, Feb 26, 2013 - (JCN Newswire) - ソニーは、Android(TM) 4.1搭載のタブレットデバイス Xperia(TM) Tablet (エクスペリアタブレット)Z Wi-Fiモデルを発売します。Xperia(TM) Tablet Zは、防水※2・防塵※3性能と高いデザイン性を両立した世界最薄※1・国内最軽量※1のボディに、ソニーのAV・カメラ技術を結集しています。約10.1インチの高精細な大画面液晶での臨場感あふれるコンテンツ再生、他機器との連携が手軽に行えるワンタッチ機能や、独自アプリケーションの搭載を通じて、リビングでの快適な利用を提案します。

Xperia(TM) Tablet Zは、防水※2・防塵※3性能を実現し、シーン・使い方・持ち方を問わず快適なバランスで使用可能なオムニバランス(全方位型)デザインを採用した、世界最薄※1・国内最軽量※1のタブレットデバイスです。水まわりなど、多様なシーンで利用できます。また、高輝度、高精細な映像表現を実現する「Reality Display(リアリティディスプレイ)」を採用したフルHDを上回る解像度(WUXGA、1920×1200)を有する約10.1インチの大画面液晶や、独自の音響技術によって、臨場感あふれる映像と音でのコンテンツ再生が可能です。レンズ交換式デジタル一眼カメラ“α”やデジタルカメラ“サイバーショット”で撮影した高画質な写真や動画も、マイクロSDカードを用いることで、その場ですぐに楽しむことが出来ます。さらに、Xperia(TM) Tabletとして初めてフロント・リア両面に、ソニーの裏面照射型CMOSセンサー“Exmor R for mobile(エクスモア アール フォーモバイル)”を採用したカメラを搭載しており、明りの少ない場所でも高画質の写真・動画撮影を楽しめます。

また、NFC※5対応の本機は、ワンタッチ機能を通じて、対応機器にかざすだけで、接続設定を意識することなくワイヤレス接続し、さまざまな機器を通して簡単に写真や音楽を楽しめます。さらに、テレビ視聴時に、本機上でテレビ番組の関連情報などを快適に楽しめるアプリケーション TV SideView(テレビサイドビュー)※6や、再生中のコンテンツを対応するテレビにワイヤレスで映し出すScreen mirroring(スクリーンミラーリング)※7、「nasne(ナスネ)(TM)」やBDレコーダー※8との連携などを通じ、テレビとの連携を強化しています。

さらに、音楽や動画、写真などのコンテンツを快適に楽しめるソニーのメディアアプリケーション、ソーシャルニュースマガジンアプリケーションSocialife(TM)(ソーシャライフ)、様々なコンテンツを提供するネットワークサービスプラットフォーム「Sony Entertainment Network(“ソニーエンタテインメントネットワーク”)」や、電子書籍アプリ“Reader”への対応により、多彩な楽しみ方を提案します。

主な特長(詳細)

1. 防水※2・防塵※3性能と高いデザイン性を両立した世界最薄※1・国内最軽量※1のボディにソニー独自の先進の技術を搭載

1)最薄部約6.9mm、重さ約495gの世界最薄※1・国内最軽量※1の筺体で、様々な利用を可能にする防水※2・防塵※3性能を実現

2)オムニバランス(全方位型)デザインなど高いデザイン性を実現
シーン・使い方・持ち方を問わず快適なバランスで使用可能なオムニバランス(全方位型)デザインを採用し、最新のスマートフォンXperia(TM) Zと共通のデザインを採用しています。さらに、上下左右のサイドパネルを光沢調に仕上げた他、電源キーにアルミニウム、カメラリングにはステンレスを採用することで、薄型のボディにアクセントを加えています。また、軽量強化グラスファイバーをバックパネルに採用することで、薄型・軽量・堅牢性を実現しました。

3)高性能のQualcomm Snapdragon S4 Pro APQ8064 1.5GHz クアッドコアを搭載し、データ量の多い動画なども滑らかに再生

4)多彩なコンテンツをよりきれいに楽しむことができる高精細な大画面液晶搭載
本機は、高輝度、高精細な映像表現を実現する「Reality Display」を採用したフルHDを上回る解像度(WUXGA、1920×1200)を有する約10.1インチの大画面液晶、コンテンツの解像度に応じて自動で最適な効果をかける「モバイルブラビアエンジン2」、光の散乱と映り込みを最小限に抑え、高コントラストで奥行き感のある映像を実現するオプティコントラストパネルを採用。また、センサー層を一体化することでディスプレイをより薄くし、タッチ精度の向上と光の反射の低減を実現する、“Direct Touch(ダイレクトタッチ)”を採用しているので、屋内外を問わず快適な操作と視聴が可能です。

5)ソニー独自のClearAudio+(クリアオーディオプラス)モード※9などによる高音質再生を実現
独自のさまざまなデジタル信号処理技術を組み合わせることで、ソニーならではの音を手軽に楽しめるClearAudio+モード※9を搭載しています。ソニーの複数のオーディオ技術を盛り込みながらも複雑な個別設定をすることなく、一回の操作で、低域から高域までソニーがお勧めするクリアかつ臨場感ある音を簡単に楽しめます。また、“WALKMAN”アプリケーション、ムービーアプリ使用時に利用可能な「S-Force (エスフォース) フロントサラウンド 3D」は、内蔵スピーカーだけで立体感のある音声を再生できるので、映画を視聴する際に効果的です。

6)ソニー独自の先進のカメラ技術を採用
フロント・リア両面に、それぞれ有効約220万画素、有効約810万画素のソニーの裏面照射型CMOSセンサー“Exmor R for mobile”を採用したカメラを搭載しているので、高感度・低ノイズで、明りの少ない場所でも自然な明るさで美しい静止画、動画を撮影できます。また、ソニーのレンズ交換式デジタル一眼カメラ“α” やデジタルカメラ“サイバーショット”で定評のある “プレミアムおまかせオート”をXperia(TM) Tabletとして、初搭載。カメラが自動で撮影シーンと被写体、カメラの動きを認識し、最適な設定を自動選択するので、美しい写真の撮影を自動で楽しめます。さらに、計9種類のエフェクトや最大秒間10コマの連写、パノラマ写真が撮影可能なスイングパノラマ、フルHD動画撮影にも対応しています。また、写真と動画のシャッターボタンを両方同時に配置するモードレスUIを採用しているので、写真撮影中に動画撮影を開始したり、また、動画撮影中に動画を停止することなく写真撮影することが可能です。

2. 機器連携や多彩なアプリケーションにより、豊かなエンタテインメント体験を提供

1)手軽な機器連携を実現するワンタッチ機能
NFC※5に対応しているので、ワンタッチ機能を通じて幅広い対応機器との連携が行えます。例えば、再生中の音楽を接続先のスピーカーやヘッドセットで再生するワンタッチリスニング機能、閲覧しているウェブサイトなどのURLを転送するワンタッチシェアリング機能や、パーソナルコンテンツステーション(TM)に未保存の新規画像ファイルを一括転送、バックアップするワンタッチバックアップ機能が楽しめます。手軽に他機器との連携を実現することで、多彩な楽しみ方を提案します。

2)TV SideView(テレビサイドビュー)※6、Screen mirroring(スクリーンミラーリング)※7などテレビとの連携強化

- TV SideView※6
テレビ視聴時に、手元のXperia(TM) Tablet Zを2つめのスクリーンとして利用することで、テレビの視聴体験をより楽しくするアプリケーションです。関連コンテンツの検索や、視聴中の映画や番組の詳細情報取得、液晶テレビ〈ブラビア〉の手軽な操作が可能です。

- Screen mirroring※7
Xperia(TM) Tablet Zで再生中のコンテンツなどを対応するテレビにワイヤレスで映し出すことができます。

- テレビコンテンツの視聴
ソニー・コンピュータエンタテインメント製のメディアストレージ 『nasne(ナスネ)(TM)』や、ソニー製のBDレコーダー※8で録画した番組および放送中の番組をXperia(TM) Tablet Z上で屋内外問わず、視聴することができます。

- リモコン機能
赤外線を搭載しているので、テレビなどの様々な機器のリモコンとして使用が可能な他、「マクロ」機能を利用すれば、ボタンひとつで、テレビの電源ONからBDレコーダーの再生までといった、一連の操作をすることができます。

3)ソニーの技術を結集し、さまざまなサービスとも連携可能なソニーのメディアアプリケーション
音楽の管理などが行える“WALKMAN”アプリケーション、写真を管理・閲覧できるアルバムアプリケーション、映画などのコンテンツを楽しめるムービーアプリケーションの3つのアプリケーションを搭載。タブレット内のコンテンツだけでなく、「ソニールームリンク」(DLNA※10クライアント機能」)経由でホームサーバー上に保存されたコンテンツやネットワークサービス上のコンテンツも楽しむことが可能な他、TVやBluetooth(R)機能を搭載した機器にタブレット内のコンテンツを転送するなどし、楽しむことができます

4)Xperia Link(TM)※11などXperia(TM)スマートフォンとの連携
テザリング対応のXperia(TM) スマートフォンとXperia(TM) Tabletをあらかじめ設定しておくと、タブレット側からXperia(TM) スマートフォンのテザリング機能のON/OFF切り替えが可能です。テザリング機能を使いたい時に、より快適にネットワークにつなぐことができます。さらに、SNSの確認・送信※12や、スマートフォンの着信の確認※12が可能です。

5)ソーシャルニュースマガジンアプリケーションSocialife(TM)
「Facebook」、「Twitter」、「YouTube」、ニュースサイトに投稿された最新の気になる情報を一覧できます。雑誌風のレイアウトと、タッチ操作に最適化された画面で、快適に最新情報を確認できます。

6)写真や動画、Webを切り取って自分の作品が作れるノートアプリケーション
アルバムアプリケーション内の写真や再生中の動画をクリップして、ノートアプリケーションで編集・保存が可能です。保存した作品はSNSなどで共有できます。

7)様々なコンテンツを楽しめるネットワークサービスプラットフォーム「Sony Entertainment Network (“ソニーエンタテインメントネットワーク”)」
最新の映画やテレビ番組をダウンロードできる、プレミアム映像配信サービス「Video Unlimited(“ビデオアンリミテッド”)」や、1,300万曲※13以上の楽曲を聴き放題の定額制音楽配信サービス「Music Unlimited(“ミュージックアンリミテッド”)」、撮影した動画・静止画をクラウド経由で手軽に共有できるサービス“PlayMemories Online(プレイメモリーズオンライン)”を楽しめます。

8)電子書籍コンテンツを楽しめるReader(TM) Store(リーダーストア)
ソニーの本屋Reader(TM) Storeに対応しているので、電子書籍端末としても使用できます。

9)ゲームコンテンツをタブレットで楽しめるPlayStation(R)Mobile
株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントが展開する「プレイステーション」の世界を多様な携帯型端末上に届けるPlayStation(R)Mobile(プレイステーション モバイル)の専用コンテンツを手軽に楽しめます。

商品名: タブレットデバイス
シリーズ名: Xperia(TM) Tablet Z
型名: 『SGP312JP/B・W』
発売予定日: 4月13日
価格: オープン価格
カラー: ブラック/ホワイト

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201302/13-0226/

※1 10インチクラスの液晶を搭載するタブレット製品において世界最薄・国内最軽量。なお、10インチクラスの液晶を搭載する防水タブレット製品としては、世界最軽量。2013年2月26日広報発表時点。
※2 IPX5/7相当の防水性能。
※3 IP5X相当の防塵性能。
※4 今回発売するXperia(TM) Tablet Z(型名『SGP312JP/B・W』)は、Wi-Fi搭載モデルです。LTE/3G搭載モデルは株式会社NTTドコモよりXperia(TM) Tablet Z SO-03Eとして3月中旬に発売が予定されています。
※5 NFC: Near Field Communicationの頭文字をとった、近距離無線通信の国際標準規格の略称。
ソニーとフィリップス(現NXPセミコンダクターズ)が共同開発し、13.56MHzの周波数帯を利用した技術。
※6 利用には、Google Playストアにて提供される同アプリケーションのダウンロードが必要です。
※7 使用環境によって、映像や音声が途切れる場合や停止する場合があります。
※8 Xperia(TM) Tablet Z上でのテレビ番組視聴の対応機種(おでかけ転送除く):
- BDレコーダー『BDZ-EX3000/ET2000/ET1000/AX2700T/AT970T/AT950W/SKP75/AT770T』『BDZ-EW2000/EW1000/EW500/E500』なお、放送ダウンロードによるソフトウェアアップデートが必要です(2013年2月27日より実施)。また、『BDZ-E500』については、録画番組の視聴のみ対応。
- ブルーレイ一体型 液晶テレビ〈ブラビア〉HX65Rシリーズ
- おでかけ転送対応BDレコーダー『BDZ-EX3000/ET2000/ET1000/EW2000/EW1000/EW500』
※9 “WALKMAN”アプリケーション起動中に使用可能。
※10 DLNA: ホームネットワーク機器の相互接続標準規格。
※11 テザリング機能搭載のXperia(TM) スマートフォンで対応。
※12 今後配信が予定されているXperia Link(TM)のアプリケーションのアップデートが必要です。
※13 2013年2月26日現在。

ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。



Source: ソニーCopyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング