パナソニック、シアターバー2機種「SC-HTB170/65」を発売

JCN Newswire / 2013年4月2日 15時31分

テレビの前に置いても(※1)画面を隠しにくい低背一体型の省スペース設計―Bluetooth(R)に対応、スマートフォンなどの音楽をワイヤレスで楽しめる

Osaka, Apr 2, 2013 - (JCN Newswire) - パナソニック株式会社は、サブウーハー内蔵、本体部分高さ55mm(※2)でスリムな低背一体型のシアターバー「SC-HTB170」「SC-HTB65」を4月26日より発売いたします。

本製品は、本体部分高さ55mm(※2)のスリムなボディに、サブウーハーまで内蔵したオールインワンタイプのシアターバーです。HTB170には不要な重低音振動を低減する「振動キラー」を搭載。置き場所に合わせて設置角度を選べ、検知センサー搭載により設置角度に合わせた音を再生します。また両機種ともBluetooth(R)に対応しているので、スマートフォンなどの音楽をワイヤレスで楽しめます。さらに、好評の「明瞭ボイス」効果のレベルを4段階に調節可能な「明瞭ボイスコントローラー」を搭載しています。

当社は本製品で、独自技術による高音質と、設置性、操作性などにより、より多くの方に豊かなシアターライフを提案してまいります。

主な特長

1.テレビの前に置いても(※1)画面を隠しにくい低背一体型の省スペース設計

- サブウーハー内蔵により省スペースを実現
- 不要な重低音振動を低減する「振動キラー」搭載(HTB170)
- スピーカーケーブルの配線が不要なのですっきりと設置できる

2.設置角度が選択可能で、音も設置角度に合わせて自動切り換え

- 置き場所に合わせて設置角度が選べる
- 検知センサー搭載により、設置角度に合わせた音を再生

3.Bluetooth(R)に対応。スマートフォンなどの音楽をワイヤレスで楽しめる

品名: シアターバー
品番: SC-HTB1705
色: -S(シルバー)/-K(ブラック)
希望小売価格(税込): オープン価格
発売日: 4月26日
月産台数: 2,000台

品名: シアターバー
品番: SC-HTB65
色: -K(ブラック)
希望小売価格(税込): オープン価格
発売日: 4月26日
月産台数: 1,000台

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://panasonic.co.jp/corp/topics.html

※1: シアターバーの設置場所によっては、テレビの各種センサーやリモコン受信部、3Dテレビの「3Dグラス用発信部」をさえぎる可能性があります。その際は、各種センサーなどが正常に動作する位置までスピーカーをテレビから離す、スタンドを付けるもしくは外して設置するなどの処理をお試しください。
※2: スタンド部を含め66mm(スタンド部は取り外しできません)。HTB170は、ベーシックスタンド使用時は79mmになります。

パナソニック株式会社

パナソニックは、部品から家庭用電子機器、電化製品、FA 機器、情報通信機器、および住宅関連機器等に至るまでの生産、販売、サービスを行う総合エレクトロニクスメーカーです。

パナソニックは、2018 年の創業100 周年に向けて、エレクトロニクスNo.1 の「環境革新企業」を目指します。全事業活動の基軸に「環境」を置き、世界中の次の世代の人たちのために、全世界で起こりつつある「グリーン革命」を、先頭に立って推進してまいります。

当社に関するさらなる情報は、 http://panasonic.co.jp をご覧下さい。



Source: パナソニック株式会社Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング