ArisingLand.com、一新されたマーケティングチャネルを通じて、中国とアジアの不動産購入者をターゲットに

JCN Newswire / 2013年4月29日 10時44分

新興不動産市場向けの資産ポータル

Hong Kong, Apr 29, 2013 - (JCN Newswire) - 2013年6月のArisingLand.comサービス開始は、新興市場のプロジェクトを扱い、既存投資ベースの拡大に興味のある不動産開発業者、エージェント、ブローカー、機関投資家、プロ投資家、アセットマネージャー、個人地主、不動産ファンドにとってブレークスルーでした。このマーケティングチャネルは、中国とアジアの個人富裕層向けの新興不動産市場で、最初にして唯一のインターネットベースの不動産ポータルです。

「弊社のミッションは、投資またはライフスタイルの目的で母国以外の不動産を探している購入者に、新興市場の投資資産を示すことです。」と、ArisingLand.comの設立パートナーのClara Yeungは述べました。メインターゲットのオーディエンスは、世界でもっとも急成長しているアジアと中国の人々です。2012年の全米不動産協会の発表によれば、米国で70億米ドル以上の価値の資産が、中国人により購入されました。

「我々は唯一の不動産メディアプラットフォームで、いかなるブローカーやエージェントとも関係していません。」と、Yeungは強調しました。弊社のブランド活用戦略のひとつは、投資ガイド、不動産ニュース、市場分析などの豊富な市場情報を、ウェブサイトで提供することです。「中国の方々はたいへん賢い。特定の市場やプロジェクトに投資する価値があるか、自ら調査をします。彼らに十分な市場情報を提供すれば、資産評価または賃貸収益の点で、多くの新興市場が成熟市場より業績が高く、いまだにセーフヘイブンで、成熟市場と同じセキュリティレベルを提供することを、認識するでしょう。」と、Yeungは述べました。彼女は次のように付け加えました。「弊社では間もなく社内調査チームを設立する予定です。」

ArisingLand.comのウェブサイトのホストは中国にあり、複雑なプロセスを簡素化し、クライアントが二か国語のウェブサイトからメリットを得られるようにします。「ウェブサイトは専門家により翻訳されています。特に我々は、広告主に有資格翻訳者を割り当て、セミナーや出張検査団に専門通訳を同行させ、英語を話さない購入者の便宜を図っています。」と、Yeungは述べました。

ArisingLand.comは、不動産の露出度を最大化するために、オンラインとオフラインのプレゼンスを提供しています。Facebook、Twitter、Google+、Linkedin、中国で人気のウェブサイトQQ.comとWeibo.comなどのソーシャルメディアマーケティングや、eNewsletterなどのデジタルマーケティングプログラムの幅広い到達度を活かして、新興不動産市場で好まれるデジタルメディアプラットフォームを目指しています。

企業ロゴ
http://release.media-outreach.com/release.php/Images/968

ArisingLand.comについて

ArisingLand.comは、EMEA (ヨーロッパ、中東およびアフリカ)、ラテンアメリカ、新興アジアなどの新興市場の新築およびオフプラン住宅、商業施設、土地を専門とするインターネットベースの不動産ポータルです。現在マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピン、トルコ、アラブ首長国連邦、カタール、ブラジルをカバーしており、今後さらに国を追加する予定です。

詳しくは以下にお問い合わせください。
Clara Yeung
ArisingLand.com共同設立社
住所: Unit 805, Westley Square, 48 Hoi Yuen Road,
Kwun Tong, Kowloon, Hong Kong
ウェブサイト: www.ArisingLand.com
電子メール: advertise@ArisingLand.com
電話: +852 2153 0923
Skype: arisingland

ArisingLand Emerging Property Listing Limited





Source: ArisingLand Emerging Property Listing LimitedCopyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング