AvascentのStephen GanyardとChristopher Meissnerが、ヴァンダービルト大学で開催される第24回日米技術フォーラムで講演

JCN Newswire / 2013年5月10日 12時6分

WASHINGTON DC, May 10, 2013 - (JCN Newswire) - AvascentのStephen GanyardとChristopher Meissnerが、日米の安全保障、航空宇宙、およびサイバー協力の現在の傾向についてプレゼンテーションをします。 Avascentプリンシプルで、航空宇宙と安全保障分野の日米協力のオピニオンリーダーであるGanyardは、現在と将来の業界協力の実施についてのパネルディスカッションに参加します。「最近の日本の政策変更により、日本の航空宇宙および安全保障会社にとって、これまでにないグローバルな機会が生まれています。正しい道筋と正しいパートナーを見つけ、正しい市場に導くことが不可欠です。」と、Ganyardはコメントしました。

Meissnerの参加するパネルディスカッションは、両国が直面し、強調して取り組もうとしている共通のサイバーセキュリティの脅威について討論します。今年の会議では、日米の安全保障リーダーの関心分野として最近浮上してきたサイバーセキュリティについてもう一度注意を促します。Meissnerは次のように述べました。「日米両国は、非常にネット化が進んだ経済を通じて相互に依存し、サイバースペースで共通の敵を抱えていますので、サイバースペース分野で日米が協力することは非常に大切です。この2つの先進国の同盟関係からは、互いに学ぶことが多く、協力から得られるものもたくさんあります。」

このコンファレンスは、5月14日~15日に、米国テネシー州ナッシュビルにあるヴァンダービルト大学公共政策研究所で開催されます。このイベントについて詳しくは、 https://my.vanderbilt.edu/usjc/ をご覧ください。

Stephen Ganyardは、Avascentのお客様のために国際市場戦略開発と実施、政策戦略、リスク管理の他、事業開発、キャプチャサポートを指揮しています。彼の第一の重点分野はアジア市場です。彼は以前、米国内務省政治軍事事務局国務副次官補を務め、グローバルな政治軍事プログラム、戦略的な政治軍事計画、および分野横断的な政治軍事問題に関する50億米ドル以上の予算に責任を持ちました。元米軍海兵隊の戦闘機パイロットであるGanyardは、ノースウェスタン大学とジョーンズ・ホプキンス大学高等国際関係論大学院(SAIS)を卒業しています。

Christopher MeissnerはAvascent共同経営者で、政府主導型市場で営業している技術企業のための成長戦略を専門にしています。Chrisには、サイバー、諜報、機密市場、データ分析、クラウドコンピューティング、データセンタ統合、国境警備と関連安全保障、国防などの、幅広いハイテク市場の深い専門知識があります。Chrisは、Avascentで75件以上のプロジェクトに携わり、システムインテグレータ、技術企業、金融スポンサーなどが非常に特徴的な市場で機会を見出しとらえる際の助言をしてきました。Chrisは、米国市場の何十社もの大手サイバープロバイダの成長戦略の開発で、重要な役割を果たしてきました。Chrisはジョージタウン大学ウォルシュ外交大学院とジョージ・ワシントン大学を(最優等とファイベータカッパで)卒業しました。

Avascentについて

Avascent ( www.avascent.com )は、政府主導型市場で営業するお客様にサービスを提供する大手戦略および経営コンサルタント会社です。企業幹部や金融投資家と協業してAvascentは、戦略的成長、価値取得、合併・買収サポートなどの分野で洗練された事実ベースのソリューションを提供します。セクターに関する深い専門知識、厳密な分析に基づくコンサルティング手法、独自の柔軟なサービスモデルなどにより、Avascentはダイナミックな顧客環境で成功するのに必要な知見と助言をお客様に提供します。

お問合せ情報
詳しい情報の問い合わせは以下のとおりです。
Christine Vargas
press@avascent.com

Avascent





Source: AvascentCopyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング