パナソニック、SSDポータブルカーナビゲーションGorilla CN-GP530Dを発売

JCN Newswire / 2013年5月20日 18時1分

業界初、「GPS+ジャイロ+みちびき」の情報を利用し、現在地をより正確に測位―大容量16GB SSD メモリー内蔵、豊富な地図・案内データに加え、ガイドブック情報も充実

Osaka, May 20, 2013 - (JCN Newswire) - パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社(代表者 山田 喜彦)は、SSD ポータブルカーナビゲーション「ゴリラ」の新製品CN-GP530D を6 月12 日に発売します。

国内市販カーナビゲーション市場において、手頃な価格の「ポータブルカーナビゲーション」は、機能が年々充実することにより、買い増しや買い替え需要に支えられ、2013 年度も約100 万台の需要を見込んでいます(当社予測)。

本製品は、高い測位精度に加え豊富な地図・データベース情報を収録したポータブルカーナビゲーションです。業界で初めて※1、「GPS」「ジャイロ」「準天頂衛星みちびき※2」の3つの情報を利用して現在地を測位します。これにより据え置き型ナビと比較してポータブルナビゲーションの弱点といわれていたビル街や高架下など、都市中心部での「測位精度」が向上、現在地をより正確に測位します。また、大容量16GB SSD メモリーを内蔵、全国の詳細な地図情報や、約100冊分の観光ガイドブック情報も収録するなど、データベースが充実。初めて訪れる場所も安心してドライブできます。

当社は「ゴリラ」シリーズの新製品を投入することにより、ポータブルナビゲーション商品群を更に強化し、据え置き型カーナビゲーション「ストラーダ」とあわせ、幅広いユーザーニーズに応えてまいります。

特長

1.業界初※1、「GPS」「ジャイロ」「みちびき※2」で現在地をより正確に測位

- 「GPS」「ジャイロ」に加え、準天頂衛星「みちびき※2」の情報を利用して現在地をより正確に測位。
- ビル街や高架下など、GPS の受信が困難な都市中心部でも、現在地の測位精度が向上。

2.大容量16GB SSD メモリー内蔵。豊富な地図・案内データに加えガイドブック情報も充実

- 従来モデル(CN-GL320D)比の4 倍、大容量16GB SSD メモリーを搭載。
- 全国の2013 年度版地図データ、ガイドブック約100 冊分の「るるぶDATA※3」を収録。

3.高精細ワイドVGA 液晶ディスプレイ採用、高速処理回路を搭載等、充実した基本性能

- 地図の小さな文字も見やすい、高精細5V 型ワイドVGA 液晶ディスプレイ採用。
- 高速処理回路「ゴリラエンジン」で、ナビゲーション機能をストレスなく快適に操作。

品名: SSD ポータブルカーナビゲーション
品番: CN-GP530D
取扱ルート: カー用品ルート
希望小売価:格 オープン価格
発売日: 6月12日
月産台数: 8,000 台

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://panasonic.co.jp/corp/topics.html

※1 2013 年5 月15 日現在。国内向けポータブルナビゲーションとして。当社調べ。
※2 日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、GPS を補助/補強する目的で実証実験を進めている衛星測位システムです。GPS 衛星からの信号を受信しにくい、山間部やビル街でも、衛星からの電波を受信しやすい点が特徴です。本製品ではGPS 衛星の補助として、現在地の測位に使用します。
※3 「るるぶ」および「るるぶDATA」は、株式会社ジェイティービーの登録商標または商標で、株式会社JTB パブリッシングが同社より独占使用権の許諾を得て利用しています。

パナソニック株式会社

パナソニックは、部品から家庭用電子機器、電化製品、FA 機器、情報通信機器、および住宅関連機器等に至るまでの生産、販売、サービスを行う総合エレクトロニクスメーカーです。

パナソニックは、2018 年の創業100 周年に向けて、エレクトロニクスNo.1 の「環境革新企業」を目指します。全事業活動の基軸に「環境」を置き、世界中の次の世代の人たちのために、全世界で起こりつつある「グリーン革命」を、先頭に立って推進してまいります。

当社に関するさらなる情報は、 http://panasonic.co.jp をご覧下さい。



Source: パナソニック株式会社Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング