シャープ、KDDI株式会社向け「AQUOS PHONE SERIE SHL22」を製品化

JCN Newswire / 2013年5月20日 18時6分

Osaka, May 20, 2013 - (JCN Newswire) - シャープは、KDDI株式会社、沖縄セルラー電話株式会社向け「AQUOS PHONE SERIESHL22」を製品化します。

形名: AQUOS PHONE SERIE SHL22
主な特長: 約4.9インチ IGZO(イグゾー)液晶ディスプレイ※1と大容量バッテリー搭載3日間※2の使用が可能なスマートフォン
(開発中の端末であり、仕様が変わる場合があります。特長の詳細については、後日当社ホームページにてご案内いたします)

■ 主な特長

- 約4.9インチ IGZO液晶ディスプレイと3,080mAhの大容量バッテリー搭載などにより、3日間の使用が可能。
- 「青い空」「緑の山」など人が記憶している色(記憶色)を、美しく鮮やかに再現する高画質エンジンを搭載。
- 当社従来比約1.6倍※3の明るさを実現したF値※41.9のレンズ「BrightEye」を、1310万画素の裏面照射型CMOSカメラに搭載。
- 画面をなぞったり、本体を振るだけで画面のON/OFFができる「Sweep ON & Shake OFF」機能や、1つの画面で2つのアプリを同時に表示し、それぞれの操作が可能な「アナザービュー」機能を搭載。
- パネル面の振動で音声を伝達し、雑踏の中でもクリアに通話できる「ダイレクトウェーブレシーバー」。
- 1.7GHzクアッドコアCPUを搭載したほか、次世代高速無線LAN規格「IEEE802.11ac」※5に対応。
- 別売の本体カバー※6をしたままでも充電が可能な卓上ホルダを同梱。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/130520-a.html

※1 IGZO液晶ディスプレイは、(株)半導体エネルギー研究所との共同開発により量産化したものです。
※2 当社で実際の使用状況(メールの送受信、アプリの使用など)を想定し、開発中の仕様をもとに計算した暫定値です。アプリの動作状況やネットワーク環境により、大きく変動する場合があります。更新情報については、発売発表などのタイミングで当社ホームページにてお知らせいたします。
※3 従来機種(SHL21、F値2.5)との比較。
※4 カメラの絞りを表す「F値」とは、レンズを通った光が撮影素子上に写す像の明るさの指標です。この値が小さいほど暗いシーンを明るく撮ったり、速いシャッター速度での撮影を行うことができます。
※5 米国電気電子学会(IEEE)の無線LANに関する標準規格「IEEE802.11ac」ドラフト版に対応。今後の正式規格対応商品や他社のドラフト版対応商品とは通信できない場合があります。
接続機器については、後日、当社ホームページでお知らせいたします。
※6 KDDI株式会社が提供する「au +1(プラスワン) collection」。

シャープ株式会社

詳細は www.sharp.co.jp をご覧ください。



Source: シャープ株式会社Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング