ソフトバンクテレコム、東日本大震災被災地の企業や各種団体向けに「Google Apps(TM) for Business」を無償提供

JCN Newswire / 2013年5月21日 15時35分

Tokyo, May 21, 2013 - (JCN Newswire) - ソフトバンクテレコム株式会社は、東日本大震災により被災された地域の皆さまおよび関係者の皆さまへの支援の一環として、被災地の企業や各種団体さま向けに、Googleが提供する「東日本復興支援プログラムInnovation Tohoku」に基づき、「Google Apps(TM) for Business」を1年間無償で提供します。

1. 提供内容

- Googleが提供する「東日本復興支援プログラムInnovation Tohoku」に基づく、「Google Apps(TM) for Business」1年間を上限としたライセンス無償提供

- 当社の「SoftBank Google 法人サポートセンター」による導入後のサポート

2. 対象

- 宮城、福島、岩手3県に本拠地を持つ企業、自治体、公共団体ならびに認定NPO

- 従業員数が1,000名以下に限る。ただし、企業内の多くの活動(事業所、工場など)が宮城、福島、岩手3県にある場合、審査の対象とする。
(上記の場合も、従業員数は1,000名以下に限ります)

3. 申し込み期間

2013年5月21日~8月31日(状況により延長される場合があります)

4. 申し込み、問い合わせ窓口

東日本復興支援プログラム(サービスサイト)
http://bit.ly/10RnXre

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.softbanktelecom.co.jp/ja/news/press/2013/20130521_01/

[注]
※ ご利用にあたってGoogleへ導入事例の提供およびアンケートへの協力が条件となります。
※ 無償提供はお客さまの申告または利用開始から1年後に終了します。自動的に有償サービスに移行されることはありません。
※ 申し込み期限は状況により延長される場合があります。

ソフトバンクテレコム株式会社

詳細は www.softbanktelecom.co.jp をご覧ください。



Source: ソフトバンクテレコム株式会社Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング