三菱自、新世代グローバルコンパクトセダンを7月よりタイで販売開始

JCN Newswire / 2013年5月21日 15時22分

車名を『アトラージュ』に決定

Tokyo, May 21, 2013 - (JCN Newswire) - 三菱自動車のタイにおける生産・販売会社であるミツビシ・モーターズ・タイランド(社長:村橋庸元、以下MMTh)は、タイ政府のエコカー認定*1を取得したことを受け、新世代グローバルコンパクトセダンをMMTh第三工場にて新たに生産すると発表しました。

タイでの車名を『アトラージュ』*2に決定し、7月よりタイ国内で販売開始致します。

『アトラージュ』の主な商品特長は、以下の通りです。

- 良好な前方視界と取り回しやすさ(最小回転半径4.8m)を提供するショートノーズ、クラストップレベルの居住空間と優れた空力特性を両立する流麗なサイドプロポーション、後方に向かって切れ上がる躍動的なキャラクラーラインなどにより、新世代コンパクトセダンに相応しいスタイリングを追求しています。

- 高張力鋼板を積極的に採用したクラス最軽量の衝突安全強化ボディRISEに、軽量・コンパクトな1.2L MIVECエンジンを副変速機付のCVTまたは5MTと組み合わせて搭載。各部での徹底した軽量化や、クラストップレベルの空力性能(CD値0.29)による走行抵抗の低減により、クラストップの低燃費22km/L*3を実現しました。

- 軽量化がもたらす軽快で気持ちのよい動力性能、安心感のある操縦安定性と良好な乗り心地により、ドライバーに走る歓びを提供。また、着座位置を高めに設定し、ドア開口部を広めに設定したことでスムーズな乗降を可能としたほか、ゆとりある後席足元スペースにより乗員の快適性を高めています。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/index.html

*1 … エコカー認定の条件
欧州燃費測定法で5L/100km(=20km/L)以上、欧州排出ガス規制のEURO4を達成し、投資総額が50億バーツ以上、事業開始から5年以降は年間10万台以上を製造することが条件

*2 … 車名『ATTRAGE』の由来
英語 Attractive(人を引き付ける、魅力的な)の造語

*3 … NEDC(New European Driving Cycle)モード

三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード『Drive@earth』
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp



Source: 三菱自動車工業株式会社Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング