シャープ、緊急警報放送受信モジュールを開発・発売

JCN Newswire / 2013年5月27日 15時45分

ワンセグ放送受信方式で消費電力を大幅削減

Osaka, May 27, 2013 - (JCN Newswire) - シャープは、ワンセグ放送受信方式を採用し、低消費電力化と小型化を実現した緊急警報放送受信モジュール「DU6J9ZP0146/DU6J9ZP0145」を開発、発売します。

緊急警報放送は、地震など大規模災害が発生した場合に、放送局が地域住民の生命・財産を保護する目的で臨時に行う放送です。この放送を受信するには、家電機器などの電源が入っているか、または待機状態であることが必要で、消費電力が高くなることが課題でした。

本モジュールは、ワンセグ放送受信方式を採用し、待機時の消費電力を大幅に低減させました。たとえば、テレビに搭載した場合、従来のフルセグ放送受信方式に比べ、チューナの消費電力が約1/50※1と省エネ性が大幅に向上します。

また、ワンセグチューナとマイコンをワンパッケージ化することで小型化が図れ、家電機器などへの組み込みも容易となりました。

加速度センサを搭載したモデル「DU6J9ZP0145」では、緊急警報放送の受信に加え、テレビが地震などで転倒した場合に自動的に電源を切ることもできます。

■ 主な特長

1.ワンセグ放送受信方式で、消費電力を大幅削減
2.ワンセグチューナとマイコンをワンパッケージ化、小型サイズで組み込みも容易
3.加速度センサを搭載し、転倒を検知して機器の電源を自動的に切ることが可能
(DU6J9ZP0145)

品名: 緊急警報放送受信モジュール
形名: DU6J9ZP0146/DU6J9ZP0145
サンプル価格(税込): 3,000円
サンプル出荷日: 5月27日
量産可能時期: 7月末日

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/130527-a.html

※1 緊急警報放送受信待機時のチューナの消費電力の比較。
当社フルセグチューナ:約500mW。当モジュール「DU6J9ZP0146」:10mW。

シャープ株式会社

詳細は www.sharp.co.jp をご覧ください。



Source: シャープ株式会社Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング