Payvision、「米国外最優秀CNPプログラム」審査員賞を獲得

JCN Newswire / 2013年5月29日 17時27分

米国フロリダ州オーランドで開催中のInternational Card Not Present (CNP) Expo 2013にて表彰

AMSTERDAM, NETHERLANDS, May 29, 2013 - (JCN Newswire) - e-コマース市場向けグローバルカード処理専門の独立系決済ソリューションプロバイダ、Payvisionは、今年のCard Not Present Expo 2013( http://cardnotpresent.com/cnpexpo/ )で、「米国外最優秀プログラム」の審査員賞を獲得したことを発表します。

Payvisionは2002年に設立され、世界各国に事務所があります。同社は、国境をまたいだe-コマースの国内対応と収益性向上を行い、国際決済サービスプロバイダ、ISO、加盟店などをひとつのグローバルアクワイヤリングネットワークに接続することにより、さまざまな地域でフットプリントを拡大できるようにします。Payvisionのフルサービスモデルは、グローバルカード処理、専門知識共有、技術イノベーション、統合リスク管理の4つの柱でなり立っています。

「Payvisionは、わが社の努力とビジョンの先進性が評価され、CNP賞をいただいたことを光栄に感じています。弊社には10年以上のグローバルCNP処理経験がありますので、弊社のグローバル決済ネットワークを構成するさまざまな関係者と、グローバルカード決済の知識を共有することができます。」と、Payvisionの設立者でCEOのRudolf Bookerは述べました。

CNP Expoは、小規模e-コマースウェブサイトや技術プロバイダから、グローバル小売業者や国際決済処理業者まで、カードノットプレゼント業界の大手企業が年に一回、一堂に集うイベントです。会期中には、CNP加盟店の売り上げ拡大に大きな役割を果たす製品やソリューションを年に一回表彰するCNP賞の表彰式が行われます。

CardNotPresent.comの設立者で社長のSteve Cascoは次のように宣言しました。「今年の賞では、特に海外からの応募件数が大きく増えたことが印象的で、たいへん嬉しく感じています。全ノミネーション数は昨年のほぼ倍となりました。CNP賞は、現在そして今後、世界各国の企業、プログラム、サービスを評価し審査する標準となりつつあります。

Payvisionはe-コマース市場の専門知識を共有していきたいと考えています。弊社では一連のグローバル決済業界報告書を発行していますので、ぜひお読みください。 http://www.payvision.com/white-papers

Payvisionについて

Payvisionは、e-コマース市場向けグローバルカード処理専門の独立系決済ソリューションプロバイダで、承継銀行、PSP、ISO、加盟店に、革新的技術により拡張された安全なPCI準拠のPSDライセンス付き国際決済処理プラットフォームを提供しています。Payvisionは、お客様に年中無休の24時間サポート、150以上の取引通貨、地域のカード決済通貨、ハイエンドの報告書インターフェース、堅牢なリスク管理ソリューションなどを提供しています。

2002年に設立されたPayvisionの本社はアムステルダムにあり、米国ニューヨーク州、ユタ州、マドリード、パリ、ロンドン、ベルリン、シンガポール、東京、香港、マカオ、オークランドなど40か国以上にグローバルサービスを展開しています。さらに詳しい情報については、 www.payvision.com をご覧ください。

メディアお問い合わせ先:
press@payvision.com

Twitterをフォロー: https://twitter.com/payvision
LinkedIn:http://www.linkedin.com/company/payvision とブログ: http://blog.payvision.com/

Payvision





Source: PayvisionCopyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング