ゼリア新薬とアステラス製薬、機能性ディスペプシア治療剤「アコファイド(R)錠100mg」新発売のお知らせ

JCN Newswire / 2013年6月5日 17時7分

Tokyo, June 5, 2013 - (JCN Newswire) - ゼリア新薬工業株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:伊部 幸顕、以下「ゼリア新薬」)とアステラス製薬株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:畑中 好彦、以下「アステラス製薬」)は、機能性ディスペプシア治療剤「アコファイド(R)錠100mg」(以下「アコファイド(R)錠」、一般名:アコチアミド塩酸塩水和物)について、2013年6月6日に新発売いたしますのでお知らせいたします。

機能性消化器疾患の国際的診断基準であるローマIII基準で診断された機能性ディスペプシア患者を対象に有効性を証明した世界初の機能性ディスペプシア治療剤として、アコファイド(R)錠は世界に先駆けて日本で発売されることになります。

アコチアミド塩酸塩水和物は、ゼリア新薬によって創製された新規化合物であり、消化管運動に重要な役割を果たす神経伝達物質アセチルコリンの分解酵素である末梢のアセチルコリンエステラーゼを阻害することにより、胃運動の低下および胃からの食物排出遅延を改善させ、機能性ディスペプシアの自覚症状のうち食後膨満感、上腹部膨満感、早期満腹感を改善します。

アコファイド(R)錠は機能性ディスペプシアを適応症とする初めての治療薬となることから、機能性ディスペプシアの疾患啓発や早期の市場構築、製品価値の最大化を図るために、両社で共同販促活動を行います。

アコファイド(R)錠は機能性ディスペプシアに苦しむ患者さんの自覚症状改善及びQOL向上に貢献するものと期待しております。

なお、今回の新発売に伴うゼリア新薬およびアステラス製薬の当期(2014年3月期)業績予想の変更はありません。

≪アコファイド(R)錠100mgの製品概要≫

[販売名]アコファイド(R)錠100mg(英名: Acofide(R) Tablets 100mg )
[有効成分の一般名]
(英名: acotiamide hydrochloride hydrate )アコチアミド塩酸塩水和物
[剤形]錠剤
[効能・効果]機能性ディスペプシアにおける食後膨満感、上腹部膨満感、早期満腹感
[用法・用量]通常、成人にはアコチアミド塩酸塩水和物として1回100mgを1日3回、食前に経口投与する。
[包装]PTP 100錠(10錠×10)、500錠(10錠×50)
[薬価]100mg 1錠 36.20円
[承認取得日]2013年3月25日
[薬価基準収載日]2013年5月24日
[販売開始日]2013年6月6日
[製造販売元]ゼリア新薬工業株式会社
[発売元]アステラス製薬株式会社
【機能性ディスペプシアについて】
機能性消化器疾患の国際的診断基準であるローマIII基準によれば、食後の膨満感、早期満腹感(飽満感)、心窩部痛、心窩部灼熱感などの消化器症状を訴えるが、原因となる器質的疾患が見当たらない疾患とされています。機能性ディスペプシアの原因は解明されていないものの、食物の胃から小腸への排出遅延が密接に関連していることが明らかとなっています。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.astellas.com/jp/corporate/news/detail/100mg-1.html

アステラス製薬株式会社

詳細は www.astellas.com/jp をご覧ください。



Source: アステラス製薬株式会社Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング