パナソニック、欧州市場でのLED電球を55品番に拡充

JCN Newswire / 2013年6月5日 17時21分

フルラインアップで欧州市場での販売を加速

Osaka, June 5, 2013 - (JCN Newswire) - パナソニック株式会社は、欧州市場において、6月(※1)より順次LED電球を合計55品番に拡充します。2011年より開始した欧州におけるLED電球の販売を加速させます。

環境意識の高い欧州では、LED照明化が進んでおり、例えば、ドイツのBtoC市場では、前年と比較してLED照明市場は倍増(※2)しています。

当社は欧州にて2011年よりLED電球クリア電球タイプ20W形相当タイプの販売を開始。その後、2012年にはLED電球クリア電球タイプ40W相当タイプを発売し、販売を伸ばしています。今回は、主に普及価格帯のLED電球の品ぞろえを強化。品種もクリアタイプから電球形、キャンドルやハロゲン形などの品種をフルラインアップ。さらに、従来のホテルや施設向け中心の販売から、DIYショップや家電量販店などへ販路を拡大。現在、ドイツ、イタリア、オーストリア、ベネルクス、フランス中心に販路拡大中で、2014年度には欧州全域への拡大を目指します。

また、当社のLED電球の省エネ性やデザイン性が認められ、世界遺産であるチェコの「プラハ城」の約10,000個のあかり交換に協力。従来光源が使われていた頃のプラハ城の趣きをそのまま残しながらも、省エネ性、メンテナンス性の向上に貢献しました。

当社は、日本で培った業界をリードする最先端のLED照明技術をベースに、今回の品ぞろえ拡充を図り、欧州でのLED事業の売上(電球、デバイス合算)2015年度150億円を目指します。

■世界遺産「プラハ城」へのLED電球約10,000個納入について

世界遺産であるプラハ城に対し、約10,000個のあかり交換に協力。プラハ城に使われているシャンデリアや軒下灯などの光源はこれまで主に白熱電球が使われていました。今回、従来の情緒あふれるプラハ城の趣きを損なうことなく、省エネ性やメンテナンス性を大幅に向上させるとして、当社のLED電球の採用が決定。約10,000個の電球をLED電球に交換し、約77%(※3 )の省エネが実現しました。

■「LED電球クリア電球タイプ」の「平成25年度全国発明表彰」受賞について

公益社団法人発明協会が主催する「平成25年度全国発明表彰」において、当社の「LED電球クリア電球タイプ」が、「世界のエコ文化を導く発光ダイオードランプの意匠」として、「経済産業大臣発明賞」を受賞しました。なお、当製品は、ドイツの「iFデザイン賞」「レッドドット・デザイン賞」「ユニバーサルデザイン賞」、アメリカの「IDEA賞」、日本の「グッドデザイン賞」も受賞しており、各方面でデザイン性を高く評価いただいております。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://panasonic.co.jp/corp/topics.html

※1:一部先行発売済み
※2:出所:「GfK Consumer Choicesレポート2012年1月~12月」
※3:今回交換した約10,000個の従来光源とLED電球の消費電力の比較当社調べ

パナソニック株式会社

パナソニックは、部品から家庭用電子機器、電化製品、FA 機器、情報通信機器、および住宅関連機器等に至るまでの生産、販売、サービスを行う総合エレクトロニクスメーカーです。

パナソニックは、2018 年の創業100 周年に向けて、エレクトロニクスNo.1 の「環境革新企業」を目指します。全事業活動の基軸に「環境」を置き、世界中の次の世代の人たちのために、全世界で起こりつつある「グリーン革命」を、先頭に立って推進してまいります。

当社に関するさらなる情報は、 http://panasonic.co.jp をご覧下さい。



Source: パナソニック株式会社Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング