ソニー、約3秒で高速起動、機能性とデザイン性を兼ね備えたブルーレイディスク(TM)プレーヤー2機種発売

JCN Newswire / 2013年6月12日 17時33分

スマホ・タブレット端末※1を使いネット動画※2の検索・再生も楽しめる『BDP-S5100』と、小型モデル『BDP-S1100』

Tokyo, June 12, 2013 - (JCN Newswire) - ソニーは、約3秒の高速起動によりコンテンツ再生を快適に楽しめる、ブルーレイディスクプレーヤー『BDP-S5100』『BDP-S1100』の2機種を発売します。本機では、機能性を備えるとともに、特徴的な多面体のデザインを施しました。光沢感のある天板が光の角度により表情を変え、空間を演出します。

『BDP-S5100』は、基本性能に加え、YouTube(TM)などのインターネット動画※2やテレビの番組表、ウェブ検索などを横断的に検索できる、ソニーの新アプリケーション「TV SideView(テレビサイドビュー)」にも新たに対応しました。使い慣れたスマートフォンやタブレット端末※1をリモコンとして使用できるだけでなく、気になるキーワードを検索し、見たいインターネット動画※2などを、本機を繋いだテレビの大画面でお楽しみ頂くことが可能です。また、無線LAN内蔵なので、無線LANアダプターを用意する必要も、面倒なケーブル配線の必要もありません。インターネット経由での動画コンテンツの再生も気軽に楽しみたい方にお勧めのモデルです。

『BDP-S1100』は、幅約290mmとコンパクトなサイズでありながら、『BDP-S5100』と同様に高速起動に対応、YouTube(TM)など、豊富なインターネット動画※2の再生もお楽しみいただけるモデルです。ブルーレイディスクプレーヤーを初めて購入する方などにも適したモデルです。

新商品の主な特長

1. 約3秒で高速起動 ローディング時間をさらに短縮

「高速起動モード」※3に設定して電源を入れると、約3秒ですばやく本機が起動するので、見たいコンテンツをすぐにディスクトレイにセットすることができます。また、高速ローディング(ディスク読み込み)処理の改良でローディング時間をスピードアップ※4させたことにより、さらに快適なコンテンツ再生をお楽しみいただけます。

2. コンパクト、かつ部屋を飾るスマートなデザイン

『BDP-S5100』は、従来機種※5よりも、横幅を70mmコンパクト(幅約360mm)にしました。『BDP-S1100』は、幅約290mm、外形はA4用紙よりもひと回り小さいコンパクトサイズを実現しています。AVラックの隙間やテレビの横など限られたスペースでも、場所を選ばずすっきりと設置することができます。
また、本機に施された多面体のデザインは、操作性を同時に高めています。大胆にカットした天面前方部分に使用頻度の高いボタンを配置することで、屈み込むことなくボタンを押しやすくするとともに、あらゆる角度から見た場合にも美しい佇まいを実現しています。また、光沢感のある天板は、光の角度によって表情が変わり、シャープでクリアな空間を演出します。

3. ネットワーク接続で、さらに広がる楽しみ

1)「TV SideView(テレビサイドビュー)」※『BDP-S5100』のみ

スマートフォンやタブレット端末※1を使ってYouTube(TM)をはじめとした豊富なインターネット動画※2などをより快適にお楽しみいただける無料のアプリケーション「TV SideView」に、ブルーレイディスクプレーヤーで初めて対応しました。手元にあるスマートフォンやタブレット端末を『BDP-S5100』のリモコンとして使用することが可能です。また、気になるキーワードを検索すると、放送予定番組、YouTube(TM)、ウェブ検索などの検索結果をまとめて表示。さらに、そこで表示されたインターネット動画※2などを選んで、簡単に大画面のテレビに転送して楽しめます。

2)「Sony Entertainment Network(“ソニーエンタテインメントネットワーク”、以下「SEN」)」

ソニーが提供する、映画やアニメなどの新作・話題作を視聴できる「Video Unlimited」やクラウドベースの定額制音楽配信サービス 「Music Unlimited」に加え、YouTube(TM)や「Hulu」、「DMM.TV」、「U-NEXT」など豊富なコンテンツを再生できます※6※7。ネットワーク非対応のテレビでも、本機を通じて「SEN」を楽しむことが可能です。

3)無線LAN内蔵/業界標準規格のDLNA※8に準拠した「ソニールームリンク」対応 ※『BDP-S5100』のみ

『BDP-S5100』は、無線LANを内蔵しているので、別売りUSB無線LANアダプターを用意する必要も、煩雑になりがちなケーブル配線をする必要もありません。
また、DLNA対応のため、リビングルームなど別の部屋にあるブルーレイディスクレコーダー※9に録画されたコンテンツを、本機のある寝室や自分の部屋で視聴することもできます※10。

型名:
- ブルーレイディスク/DVDプレーヤー『BDP-S5100』(ブルーレイ3D(TM)対応)
- ブルーレイディスク/DVDプレーヤー『BDP-S1100』
発売日: 7月27日
価格: オープン価格

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201306/13-0612/

※1 Android 2.2以降(タブレットの場合は3.2以降)、iOS 5.0以降に対応。「TV SideView」を使用する端末への事前インストールが必要。
※2 Sony Entertainment Network(“ソニーエンタテインメントネットワーク”、以下「SEN」)を通じて提供されます。
※3 「高速起動モード」に設定すると、「標準モード」に比べて待機中の消費電力が増加します。
※4 従来機種『BDP-S590』『BDP-S190』 との比較。但し、ローディング時間はディスクにより異なります。
※5 従来機種『BDP-S590』との比較。
※6 一部サービスのご利用には、別途料金が発生するものがあります。
※7 提供されるサービスに関しての詳細はこちらよりご覧ください。
※8 DLNA:ホームネットワーク機器の相互接続標準規格。
※9 「ソニールームリンク」(サーバー)対応機器で、ホームネットワーク(LAN)での接続環境が必要。
※10 ネットワーク環境によっては、再生中に映像や音声が途切れる場合があります。また、著作権保護付きのコンテンツを再生するにはサーバー機器側が再生に対応している必要があります。

ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。



Source: ソニーCopyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング