ソフトバンクモバイル、片手で操作しやすいコンパクトなスマートフォン「AQUOS PHONE ss 205SH」6月21日発売

JCN Newswire / 2013年6月13日 17時41分

Tokyo, June 13, 2013 - (JCN Newswire) - ソフトバンクモバイル株式会社は、片手で操作しやすいコンパクトなスマートフォン「AQUOS PHONE ss(エスエス) SoftBank 205SH」(シャープ製)を、2013年6月21日に全国で発売します。

1. 主な特長

- コンパクトなサイズにラウンドフォルムを採用し、片手でも操作しやすいスマートフォン

4.0インチ液晶を搭載しながらも、約60mmの幅とラウンドフォルムでコンパクトなデザインを実現。女性でも片手で持ちやすく操作しやすいスマートフォンです。ボディーには指紋が目立ちにくい上品なシルキーマット仕上げを採用しています。

- 素早くきれいに撮影できる1,310万画素カメラを搭載し、「SoftBank 4G」にも対応

メインカメラには素早く起動する有効画素数1,310万画素のCMOSカメラを搭載。約0.4秒でカメラが起動し、撮りたい瞬間を逃さず撮影できます。また、裏面照射型CMOSセンサーによって暗い場所でもノイズの少ないきれいな写真を撮影可能です。さらに、音声でシャッターを切ってくれる「Voice Shot」によって、手ぶれを軽減。そのほか「SoftBank 4G」に対応し、下り最大76Mbps※1の高速通信で情報量の多いウェブサイトの閲覧なども快適に行えます。

- 放射線測定機能や2,080mAhの大容量バッテリーを搭載するなど、充実の性能

空気中の放射線量を簡単に測定できる放射線測定機能を搭載。コンパクトボディーでありながら、2,080mAhの大容量バッテリーを搭載し、長時間でも安心して利用できます。そのほか、IPX5/IPX7※2相当の防水に対応し、おサイフケータイ(R)、赤外線、ワンセグも搭載するなど必要な機能をしっかり搭載しています。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.softbankmobile.co.jp/ja/news/press/2013/20130613_01/

[注]
※1「SoftBank 4G」は、ベストエフォート方式のため、回線の混雑状況や通信環境などにより、通信速度が低下、または通信できなくなる場合があります。ご利用地域によって、最大通信速度は異なります。
※2 IPX5とは、内径6.3mmの注水ノズルを使用し、約3mの距離から約12.5リットル/分の水を最低3分間注水する条件であらゆる方向から噴流を当てても、電話機としての機能を有することを意味します。IPX7とは、常温で水道水、かつ静水の水深1mのところに電話機を静かに沈め、約30分間放置後に取り出したときに電話機としての機能を有することを意味します。

ソフトバンクモバイル株式会社

詳細は www.softbankmobile.co.jp をご覧ください。



Source: ソフトバンクモバイル株式会社Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング