シャープ、集光型太陽電池セルで世界最高変換効率44.4%を達成

JCN Newswire / 2013年6月14日 16時7分

集光型化合物3接合太陽電池セルで記録を更新

Osaka, June 14, 2013 - (JCN Newswire) - シャープは、レンズで集光した太陽光を電気に変換する集光型化合物3接合太陽電池セルで、世界最高変換効率(※1)44.4%(※2)を達成しました。

本件は、NEDO(※3)の「革新的太陽光発電技術研究開発」プロジェクトの一環として開発に取り組んだ結果、ドイツのフラウンホーファー太陽エネルギーシステム研究所(※4)において、集光型太陽電池セルとして世界最高変換効率の測定結果が確認されたものです。

一般的に、化合物系の太陽電池セルは、インジウムやガリウムなど複数の元素からなる化合物を材料とした光吸収層を持ち、高い変換効率が特長です。当社の集光型化合物3接合太陽電池セルは、インジウムガリウムヒ素をボトム層とする3つの光吸収層を積み上げ、太陽光を電気に効率的に変換できる独自の構造を採用しています。

今般、受光面と電極を繋ぐコンタクト層の幅を電極幅と同一にすることで、受光する面積を広げ、世界最高変換効率※144.4%(※2)を達成しました。

現在、化合物太陽電池は主に人工衛星などに使用されていますが、今回の開発成果を元に、今後は地上用途への展開を目指してまいります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/130614-a.html

※1 2013年6月14日現在、研究レベルにおける集光型太陽電池セルにおいて。(シャープ調べ)
※2 2013年4月、ドイツのフラウンホーファー太陽エネルギーシステム研究所(世界の太陽電池の公的測定機関の一つ)により、集光倍率302倍の条件において確認された数値(セル面積: 約0.165cm2)。
※3 独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構。日本の産業技術とエネルギー・環境技術の研究開発およびその普及を推進する我が国最大規模の中核的な研究開発実施機関。
※4 「革新的太陽光発電技術研究開発」プロジェクトの一環である「高効率集光型太陽電池セル、モジュールおよびシステムの開発(日EU共同開発)」にEUメンバーとして参加。

シャープ株式会社

詳細は www.sharp.co.jp をご覧ください。



Source: シャープ株式会社Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング