アステラス製薬:経口アンドロゲン受容体阻害剤XTANDI(TM)(エンザルタミド)英国で販売を開始

JCN Newswire / 2013年7月11日 17時38分

欧州では、英国が最初の発売国

Tokyo, July 11, 2013 - (JCN Newswire) - アステラス製薬株式会社(本社:東京、社長:畑中好彦、以下「アステラス製薬」)は、経口アンドロゲン受容体阻害剤XTANDI(TM)(欧州・米国での製品名、一般名:エンザルタミド、開発コード:MDV3100)に関し、英国で販売を開始しましたので、お知らせします。

XTANDIは、2013年6月21日に、ドセタキセルによる化学療法施行歴を有する転移性去勢抵抗性前立腺がんの効能・効果について、欧州委員会より販売承認を取得しており、欧州では、英国が最初の発売国となりました。

XTANDIは、1日1回投与の経口剤で、前立腺がんの成長に重要なアンドロゲン受容体シグナルの伝達を阻害します。

英国において、前立腺がんは、男性で最も発症頻度が高いがんであり、一年間に約40,000例が新規に診断されます*。

アステラス製薬は、今回の新発売は、がん領域においてグローバル・カテゴリー・リーダーを目指す当社にとって重要なステップであると考えており、また、新たな治療選択肢を提供することで、前立腺がん治療に一層の貢献ができるものと期待しています。

今回の新発売に伴う、アステラス製薬の当期(2014年3月期)業績予想の修正はありません。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.astellas.com/jp/corporate/news/detail/xtanditm-2.html

アステラス製薬株式会社

詳細は www.astellas.com/jp をご覧ください。



Source: アステラス製薬株式会社Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング