OKI、中国ATM事業基盤強化にむけたSCM改革をヤマトグループと実施

JCN Newswire / 2013年7月19日 11時22分

OKIの梱包設計技術とヤマトグループの企業間物流ノウハウを活用し、中国全土をカバーする精密機器輸送システムを共同開発

Tokyo, July 19, 2013 - (JCN Newswire) - OKIとヤマトグループは、OKIの中国ATM事業の基盤強化にむけたSCM(サプライチェーンマネージメント)改革を実施するため、ATM用保守部材などの精密機器を安全かつ確実で効率的に中国全土に輸送する新しい輸送システムを共同開発しました。本年7月より、広東省深セン市にあるOKIの保守部材倉庫から河北省にある保守拠点への輸送において新輸送システムの運用を開始し、順次運用地域を拡大していきます。OKIは、新輸送システム導入とさらなるSCM改革を進め、今後3年間で中国ATM保守部材の物流コスト30%削減を目指します。

新輸送システムは、現地の物流事情に精通するOKIの梱包設計技術と、ヤマトグループの最適な輸送モードの選択・輸送状況管理・配送状況通知を含めたトータルな輸送マネージメントを組み合わせ、両社の強みを融合したシステムです。今回ヤマトグループは、OKIと協力し中国全土に向けた初めての精密機器向け企業間物流サービスを提供することになります。

OKIは、2005年からATMの中国金融機関への納入を開始し、既に累積8万台以上の納入実績があり、紙幣還流型ATMでシェア約50%とトップシェアを獲得しています。中国での稼働台数の増加と設置地域の内陸部への拡大にともない、約220か所の保守拠点へ送付する保守部材の、安全かつ確実で効率的な輸送体制と迅速な修理・供給体制の強化が必要でした。

一方、ヤマトグループは、2005年に雅瑪多国際物流有限公司を設立し、中国国内にロジスティクス事業の拠点を展開してきました。中国国内においても、日本の宅急便事業で培った小口荷物のきめ細やかな輸送管理や、リードタイムと物量に応じた最適物流ネットワーク選定、現地配送業者の管理等のノウハウを確立してきました。

今後OKIは、保守拠点からの修理部材の回収についても、新輸送システムの利用を検討していきます。さらに、ヤマトグループの持つ貨物追跡や輸送品質改善等のノウハウを活かし、保守・物流体制のさらなる強化を進め、中国ATM事業の競争力強化を図ります。ヤマトグループは、今回の実績を活かして精密機器輸送のノウハウを積み重ね、中国における企業間物流事業の拡大を図ります。

また、両社はOKIがATM拡販を進めている東南アジア地域のサプライチェーンについても、今後共同研究を始めていきます。

沖電気工業株式会社

OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 http://www.oki.com/jp/



Source: 沖電気工業株式会社

Contact:

<本件に関する報道機関からのお問い合わせ先>
OKI 広報部 村川・田中
電話: 03-3501-3835
e-mail: press@oki.com 

ヤマトホールディングス株式会社 広報戦略担当 松浦
電話: 03-3541-4141

<本件に関するお客様からのお問い合わせ先>
ヤマトロジスティクス株式会社 グローバル事業推進室 小路・栗田
電話: 03-6671-8711


Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング