シャープ、「PVアナライザ専用アプリケーション」を開発

JCN Newswire / 2013年7月23日 19時10分

業界初スマートフォン/タブレット端末で、住宅用太陽光発電システムの発電状況を現地で診断

Osaka, July 23, 2013 - (JCN Newswire) - シャープの子会社で、家電製品のアフターサービスや法人/個人向けにソリューション事業を提供するシャープエンジニアリング株式会社(本社:大阪府平野区、社長:鶴田 透)は、業界で初めて※1スマートフォンやタブレット端末※2を活用し、お客様宅で住宅用太陽光発電システムの発電状況を診断できる「PVアナライザ※3専用アプリケーション※4」を開発しました※5。

住宅用太陽光発電システムの発電状況の診断は、PVアナライザ※3と日射計で測定し、事業所などに持ち帰って診断する方法が一般的です。今回開発した「PVアナライザ※3専用アプリケーション※4」は、PVアナライザ※3で測定した発電データをワイヤレスでスマートフォン※2などに送信し、お客様宅で手軽に発電状況を診断できます。発電状況から太陽光の照度を自動的に計算するので、日射計も不要となります※5。

また、本アプリケーションには、当社製太陽電池モジュールの仕様がデータ化されており、データを更新することで今後発売される新製品も診断できます。さらに、スマートフォン※2などに搭載されているGPSやカメラ機能を使って、現地の位置情報や写真を測定データとともに保存することも可能です。

シャープは、今回開発した「PVアナライザ※3専用アプリケーション」をはじめ、インターネットを通じて太陽光発電システムを見守る「Webモニタリングサービス※6」や、太陽光発電システムの専門的な知識や技術を習得した「ソーラーテクニカルマイスター※7」により、迅速なアフターサービスを提供してまいります。

■ 主な特長

1.業界初※1スマートフォン/タブレット端末※2で、住宅用太陽光発電の発電状況を現地で診断

2.当社製太陽電池モジュールの仕様をデータ化し、データの更新で新製品も診断可能

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/130723-a.html

※1 2013年7月23日現在。(当社調べ)
※2 対応機種については、シャープエンジニアリング株式会社のホームページにてご案内してまいります。
※3 太陽光発電システムの発電機能を把握するための測定器です。
※4 8月初旬より提供を開始し、Google Play TM よりダウンロード(無料)いただけます。対応するPVアナライザは、日本カーネルシステム株式会社製に限ります。
※5 特許出願中。(特願2013-102116)
※6 ご利用には常時接続が可能なブロードバンド環境と対応カラー電力モニタ(JH-RWL5,JH-RWL4,JH-RWL3,JH-RWL2)が必要です。(データ通信、Webサイト閲覧のための通信費はお客様負担となります。)
※7 太陽光発電システムの保守・メンテナンスについて、シャープエンジニアリング株式会社の規定に準じた特別な教育・訓練を受けた専任者です。

シャープ株式会社

詳細は www.sharp.co.jp をご覧ください。



Source: シャープ株式会社

Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング