メディパルと三菱商事、中国でヘルスケア事業を拡大

JCN Newswire / 2013年7月26日 17時17分

北京市で2社目となる医薬品卸会社への出資

Tokyo, July 26, 2013 - (JCN Newswire) - 株式会社メディパルホールディングス(以下、メディパル)および三菱商事株式会社(以下、三菱商事)は、中国北京市の医薬品卸である国薬控股北京天星普信生物医薬有限公司(以下、北京天星)の株式を夫々20%取得致しましたので、お知らせ致します。

メディパルと三菱商事は、成長著しい中国でのヘルスケア事業参入への足掛かりとして、2009年10月に中国最大の医薬品卸である国薬控股股●有限公司(以下、国薬)と包括提携しました。また同時に、国薬傘下の北京市在医薬品卸である国薬控股北京華鴻有限公司(以下、北京華鴻)の株式を取得致しました。今回は国薬との更なる提携事業として、北京天星に資本参加し、北京華鴻と合わせ、上海市と並ぶ中国最大の北京市医薬品卸市場でトップクラスの企業グループを形成することにより、中国での医薬品卸事業の基盤強化を図り、急ピッチで進む中国の医療制度改革に対応した総合ヘルスケア事業を展開して参ります。

中国のヘルスケア市場は過去5年間で平均25%の成長を遂げておりますが、卸企業数は1万社を超えている上、2次・3次卸が介在する複雑且つ非効率な流通形態から医療費が増大する傾向にあり、今後少子高齢化を迎える中国において医療費の削減は喫緊の課題です。国薬の知見や中国ヘルスケア市場での確固たる経営基盤に、メディパルと三菱商事が日本市場で培った物流・営業効率化ノウハウや病院向け総合ソリューション機能を付加することで、日中合弁企業としてのプレゼンスを高めていくと共に、国薬との包括提携を継続しながら、医薬品、医療材料・機器の流通や病院内の物流管理業務を効率化し、中国の医療費の削減に寄与して参ります。

尚、北京華鴻において、北京市を代表する大病院と医薬品の院内物流管理業務(以下、SPD=Supply Processing and Distribution)の受託契約を締結致しました。日本で活用されているSPDシステムやノウハウが中国の病院で本格導入されるのは初めてであり、今後北京華鴻と北京天星の両社でSPD事業を核とした中国の病院アウトソース事業の受託拡大を目指していきます。

【編注】●は人偏に「分」

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/pr/archive/2013/html/0000022086.html

三菱商事株式会社

詳細は www.mitsubishicorp.com をご参照ください。



Source: 三菱商事株式会社

Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング