昭和電工、連結業績予想の修正に関するお知らせ

JCN Newswire / 2013年7月29日 16時19分

Tokyo, July 29, 2013 - (JCN Newswire) - 最近の景気情勢の動向を踏まえ、平成25年2月14日に公表した平成25年12月期第2四半期累計期間および平成25年12月期連結業績予想を修正いたします。

1.平成25年12月期第2四半期累計期間連結業績予想の修正(平成25年1月1日~平成25年6月30日)


---------------------------------------------------------------------------
売上高 営業利益 経常利益 四半期純利益 1株当たり
                               四半期純利益
---------------------------------------------------------------------------
前回発表予想(A) 百万円 百万円 百万円 百万円 円 銭
(平成25年2月14日発表) 380,000 13,000 10,500 5,000 3.34
---------------------------------------------------------------------------
今回修正予想(B) 401,400 6,700 5,300 2,100 1.40
---------------------------------------------------------------------------
増減額(B)-(A) 21,400 △6,300 △5,200 △2,900
---------------------------------------------------------------------------
増減率(%) 5.6% △48.5% △49.5% △58.0%
---------------------------------------------------------------------------
ご参考
前期第2四半期累計期間
(平成24年12月期) 352,313 16,019 14,423 7,884 5.27
---------------------------------------------------------------------------

2.平成25年12月期連結業績予想の修正(平成25年1月1日~平成25年12月31日)

---------------------------------------------------------------------------
売上高 営業利益 経常利益 四半期純利益 1株当たり
                               四半期純利益
---------------------------------------------------------------------------
前回発表予想(A) 百万円 百万円 百万円 百万円 円 銭
(平成25年2月14日発表) 800,000 35,000 30,000 15,000 10.02
---------------------------------------------------------------------------
今回修正予想(B) 850,000 26,000 22,000 10,000 6.68
---------------------------------------------------------------------------
増減額(B)-(A) 50,000 △9,000 △8,000 △5,000
---------------------------------------------------------------------------
増減率(%) 6.3% △25.7% △26.7% △33.3%
---------------------------------------------------------------------------
ご参考
前期 (平成24年12月期) 739,811 28,108 23,448 9,368 6.26
---------------------------------------------------------------------------

3. 業績予想修正の理由

売上高は、第2四半期累計期間(上期)、通期ともに、主に石油化学セグメントにおいて原料ナフサ価格が上昇し、その影響により製品販売価格が上昇するため増収を見込みます。

営業利益は、上期は、エレクトロニクスセグメントにおいて、HD 事業は堅調に推移したもののレアアース事業が棚卸資産の簿価切下げの影響を受け、無機セグメントでは黒鉛電極事業が鉄鋼業界の調整の影響を受け、また、石油化学セグメントではオレフィン事業におけるアジア市場の需給緩和の影響を受け、それぞれ減益を見込みます。

通期予想については、上期の要因に加え、無機セグメントの黒鉛電極事業について鉄鋼業界の在庫調整が長引く影響を受ける見込みであり、総じて減益を見込みます。

経常利益、当期純利益については、主に営業利益の下振れにより、上期、通期ともに減益となる見込みです。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
www.sdk.co.jp/assets/files/news/2013/20130729showadenkonewsrelease.pdf

注.上記予想は、本資料の発表日現在において入手可能な情報および将来の業績に影響を与える不確実な要因に係る本資料発表日における仮定を前提として作成したものであり、実際の業績につきましては、さまざまな要素により、予想数値と大きく異なる場合があります。業績に影響を与える要素には、経済情勢、ナフサ等原材料価格、製品の需要動向および市況、為替レートなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。

昭和電工株式会社

詳細は www.sdk.co.jp をご覧ください。



Source: 昭和電工株式会社

Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング