ホンダ、ブラジル新四輪車工場の建設を発表

JCN Newswire / 2013年8月8日 18時6分

2015年に年間生産能力24万台へ倍増

Tokyo, Aug 8, 2013 - (JCN Newswire) - Hondaのブラジルにおける四輪車の生産販売子会社であるホンダオートモーベイス・ド・ブラジル・リミターダ(本社:サンパウロ州スマレ市 社長:武田川 雅博)は、現地時間2013年8月7日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

<ご参考>

Hondaのブラジルにおける四輪車の生産販売会社であるホンダオートモーベイス・ド・ブラジル・リミターダ(以下、HAB)は、年間生産能力12万台の新四輪車工場を建設することを決定しました。
2015年の稼働開始を予定しています。

新工場は、既存四輪車工場が位置するスマレ市から約100キロ北西に位置するサンパウロ州イチラピーナ市(サンパウロ市より北西に約200km)に建設されます。敷地面積580万m2の土地取得と設備購入、建屋建設費用を含めた投資額は約10億レアル(約430億円※)を予定。新工場の従業員数は約2,000名となります。グローバルで需要が高いフィットクラスの小型車を生産する予定で、製造工程のショートプロセス化や塗装工程へ最新技術を投入することで環境への取り組みを進めるほか、最適な自動化技術を投入することなどにより、高効率な生産体制を目指します。

この新四輪車工場の稼働により、既存スマレ工場とあわせたHABの年間生産能力は、現在の12万台から24万台となります。Hondaは南米現地開発についても強化をはかっており、今年後半には スマレ工場内に新四輪研究所が完成します。倍増された生産能力で、ブラジルのお客様のニーズをもとに開発された、より多くの魅力的な商品を提供し、ラインアップ拡充を図っていきます。

<Honda常務執行役員 南米本部長 兼 HAB取締役社長 武田川 雅博のコメント>

「世界第四位の自動車市場であるブラジルは南米地域において大変重要な拠点であり、今回増強する生産能力を活用して、今後もブラジルのお客様の期待を超える魅力ある商品を幅広く提供していきます。」

Hondaは1971年にブラジルにおける二輪車ビジネスを開始、1976年には二輪車生産を開始しました。二輪生産事業の累計投資額は約37億レアルとなっています。二輪車ビジネス開始後、1997年には四輪車生産を開始しました。今回発表した新工場の投資を含む四輪生産事業の累計投資額は約35億レアルに達する予定です。

※ 1レアル=43円換算

本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。



Source: 本田技研工業株式会社

Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング