シャープ:LEDおよび半導体レーザ関連特許のクロスライセンス契約締結について

JCN Newswire / 2013年8月23日 16時55分

Osaka, Aug 23, 2013 - (JCN Newswire) - シャープ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:髙橋 興三)は、OSRAM GmbH(本社:ドイツ国ミュンヘン、CEO:Wolfgang Dehen、以下オスラム)とLEDおよび半導体レーザ関連特許のクロスライセンス契約を締結しました。

今回のクロスライセンス契約により、両社が所有する全世界のLED及び半導体レーザの特許について、お互いに利用することが可能になりました。これにより、両社の研究開発が促進され、LEDおよび半導体レーザ関連産業のさらなる発展に貢献してまいります。

シャープは、1970年よりLEDの量産を開始、1982年に世界で初めてCD用の赤外半導体レーザの生産を開始するなど、長年にわたってLEDおよび半導体レーザ技術を蓄積しています。最近では、高効率で明るい100Wクラスの照明用LEDデバイスや、ディスプレイ光源用赤色半導体レーザなどの特長デバイスを創出しています。

今回のクロスライセンス契約により、オスラム社との特許の相互利用による技術補完が図れることから、高性能なLEDや半導体レーザの開発を一層加速させると共に、グローバル市場にマッチするデバイスを創出してまいります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/130823-a.html

シャープ株式会社

詳細は www.sharp.co.jp をご覧ください。



Source: シャープ株式会社

Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング