三菱自、スズキと軽商用車のOEM供給に基本合意

JCN Newswire / 2013年8月29日 17時50分

Tokyo, Aug 29, 2013 - (JCN Newswire) - 三菱自動車工業株式会社(以下、三菱自動車。本社:東京都港区 社長:益子 修)は、このほど、スズキ株式会社(以下、スズキ。本社:静岡県浜松市 会長兼社長:鈴木 修)から、ガソリン軽商用バン・トラック、及び、キャブオーバーワゴンのOEM供給を受けることについて、同社と基本合意したと発表しました。

OEM供給内容の詳細は今後協議を経て決定されることとなりますが、三菱自動車は、2013年度内に軽商用バン「MINICAB VAN(ミニキャブ バン)」・軽商用トラック「MINICAB TRUCK(ミニキャブ トラック)」のガソリンエンジンモデルの生産を終了し、これの代替として、2014年春よりスズキから車両供給受けを開始することを計画しています。

この施策は、ガソリン軽商用車商品ラインナップの維持を図りつつ車両開発・生産における経営資源の重点分野への集中を可能とするものであり、これにより、三菱自動車は、販売及び投資効率の両面でメリットを享受することが期待されます。

なお、軽商用電気自動車「MINICAB-MiEV VAN(ミニキャブ・ミーブ バン)」及び「MINICAB-MiEV TRUCK(ミニキャブ・ミーブ トラック)」の車両開発・生産・販売については、今後も継続・強化してまいります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/index.html

三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード『Drive@earth』
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp



Source: 三菱自動車工業株式会社

Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング